ジャワ語(読み)ジャワご(英語表記)Javanese language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャワ語
ジャワご
Javanese language

オーストロネシア語族の一つ,インドネシア語派に属する言語。ジャワ島に約 7000万人の話し手をもつ。文献も古くまでさかのぼり,最古の銘文は8世紀にみられる。7世紀から 1400年頃までを古代ジャワ語,一名カウィ語ともいい,ウィルヘルム・フンボルトの研究で有名。豊かな文学作品をもつ。その後 1550年までを中期ジャワ語,それ以後を近代ジャワ語という。ジャワ語には身分によって異なる文体を用いる習慣が確立していて,代表的なものに,上位者から下位者に向って使うンゴコと,その逆に使われるクロモがある。南インドのパッラバ文字から発達した独特のジャワ文字を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャワ語【ジャワご】

ジャワ島のほぼ3分の2,東端(マドゥラ語)と西部(スンダ語)を除く地域に行われるジャワ人の言語。話し手は約7700万人。アウストロネシア語族インドネシア語派に属する。語族中最古の文献(9世紀)を伝え,南インド系のジャワ文字に加えて近年ではラテン文字も普及している。相手の階級に応じて2種の言語(ンゴコとクロモ)を区別する。近年,ジャワ人の間にも公用語インドネシア語バハサ・インドネシア)が普及。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャワご【ジャワ語 Javanese】

インドネシア共和国,ジャワ島の東部と中部で約9000万人によって話される言語。アウストロネシア語族中のインドネシア語派に属し,9世紀にさかのぼる古い文献をもつ。ソロの方言が標準的とみなされる。母音8種(a,é,è,e,i,ó,ò,u),子音21種(p,t,th[],c[tʃ],k;b,d,dh[],j[dӡ],g;m,n,ny,ng[];r,l,lh[],h,s;w,y)がある。無声有声の対立がしだいに消滅し,後続母音の声調高低に転移しつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジャワご【ジャワ語】

オーストロネシア語族のヘスペロネシア語派に属する言語。主にジャワ島に分布。近年までジャワ文字が使われていたが、現在出版物はローマ字化されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

ジャワご【ジャワ語】

アウストロネシア語族インドネシア語派に属する言語。ジャワ島の東部と中部で話され、話者数は8000万人。8世紀からの碑文(ひぶん)が知られる。敬語法が発達しているのが特徴で、普通体(ンゴコ)と丁寧体(クロモ)の区別があり、その中間にあたるマディヨ体、さらには最上の敬意を表すクロモインギルと呼ばれる敬語体もある。◇英語でJavanese。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャワ語
じゃわご

マライ・ポリネシア語族インドネシア語派の一言語。インドネシアの中部、東部ジャワ島を中心にして、南アメリカのスリナム、南太平洋のニュー・カレドニア、マレーシアなど国外の移住者を含め、言語人口は5000万人を下らない。
 南インドのパッラバ文字で書かれた碑文が8世紀からあり、10世紀前後には『ラーマーヤナ』『マハーバーラタ』という二大インド文学の翻案も行われ、現在の民間芸能ワヤン(人形影絵劇)の重要な題材となっている。発達した敬語法で知られ、基本的な平常体(ヌゴコ)と尊敬体(クロモ)というレベルを中心に、二者の中間に位置する中間体(マディオ)、最上の敬意を表す最上敬体(クロモ・インギル)が使い分けられる。人称代名詞(人称接辞)、語彙(ごい)による区別が、平常体では目上から目下へ、尊敬体では目下から目上へと行われるが、平常体、尊敬体とも同じレベルの者同士でも用いられる。文法的接辞のうちでは、動詞につく-ak(平常)、-aken(尊敬)のみが区別される。

「ぼくはぼくの子供に金をやる」の尊敬体は

「わたしのお父さんがわたしにお金をくださる」となり、maring(←paring)は最上敬体語彙である。最上敬体には相手を敬う場合のほか、自分を謙遜(けんそん)しても表すことができ、paringのような敬称とsaos「さしあげる」のような謙称とが区別される。[崎山 理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ジャワ‐ご【ジャワ語】

〘名〙 オーストロネシア語族インドネシア語派に属する言語。八世紀にまで文献がさかのぼれる古ジャワ語を継承する。また、敬語が発達している。ジャワ島中部・西部を中心に話される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のジャワ語の言及

【インドネシア語派】より

…表参照)。 マレー語は7世紀末から,ジャワ語は8世紀初期から,バリ語Balineseは9世紀末からの碑文があり,特にジャワ語には9世紀ころからの豊富な文学作品が現在に至るまで途切れることなく残っている。古くからインドネシア地域一帯に南インド系の文字が広く行われており,これらの碑文もこの系統の文字で書かれているが,現在ではフィリピンのタグバヌワ族(パラワン島),マンギャン族(ミンドロ島),インドネシアのバタク族(スマトラ)など,ごく限られた地域にしか使用されていない。…

【マドゥラ語】より

…方言的には二つに分けられ,東部のカンゲアン島方言が上記の方言と対立する。文法的にはジャワ語に最も近く,ジャワ語にみられる敬語法もマドゥラ語に存在し,その語彙(ごい)的使分けもジャワ語とほぼ対応する。音韻的にジャワ語と最も異なる点は,帯気音(bh,dh,ḍh,zh,gh)と無帯気音(b,d,ḍ,z,g)の区別を有声破裂音にもつことで,言語史的には原インドネシア語からマドゥラ語がそのような対立を新たに発生させたものと考えられる。…

※「ジャワ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android