コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン=クリストフ Jean-Christophe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャン=クリストフ
Jean-Christophe

フランスの作家ロマン・ロラン大河小説。 1904~12年,雑誌『半月手帖』に発表。全 10巻に及ぶ大作で,世界的な反響を呼んだ。ドイツ生れの天才的音楽家ジャン=クリストフの一生を通して,真の芸術は生命から生れ,夢や幻想とするのではなく,芸術家が魂の平静に達するために乗越えねばならない苦痛や失敗を糧とするものであると主張した教養小説。同時に普仏戦争から第1次世界大戦直前までのヨーロッパ諸国の芸術,文明道徳を痛烈に批判した社会小説でもある。ロランはこの作品によって,15年にノーベル文学賞を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャン=クリストフの関連キーワードジャンクリストフ豊島与志雄フェミナ賞フランス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャン=クリストフの関連情報