ジャングルジム(読み)じゃんぐるじむ(英語表記)junglegym

翻訳|junglegym

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジャングルジム」の解説

ジャングルジム
じゃんぐるじむ
junglegym

鉄、ジュラルミン、または木製の棒を立体格子に組んだ、児童向けの運動遊戯道具。児童公園幼稚園小学校などに設備されることが多い。この格子の中をくぐったり、登り降りをすることで、木登りなどにみられる、児童の自然的欲求を満足させるとともに、運動神経や筋肉の訓練にも役だつ。危険性も少なくできている。もとは商標名であった。

[可児秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ジャングルジム」の解説

ジャングル‐ジム

〘名〙 (jungle gym) 金属のパイプを立体格子に組んだ子ども用の遊具。中をくぐったり、登り降りしたりして遊ぶ。ジャングル
※エオンタ(1968)〈金井美恵子〉七「ジャングル・ジム、すべり台、ブランコ、砂場などの、ごくありふれた遊び道具が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「ジャングルジム」の解説

ジャングルジム

金属管縦横一定間隔で組んだ,やぐら状の子ども用屋外遊戯器具。下をくぐったり,伝いに昇り降りして遊ぶ。1920年ころ米国で発案され,大正後期に日本に紹介されたという。昭和初期ころから流行,児童公園,幼稚園,小学校等に設けられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジャングルジム」の解説

ジャングルジム
jungle gym

児童遊具の一つ。鉄やジュラルミンのパイプを立体状に格子組みにしたもので,登ったり降りたりして遊ぶ。児童遊園,幼稚園,保育所などに設置されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ジャングルジム」の解説

ジャングル‐ジム(jungle gym)

公園・運動場などに置く、金属管をに一定の間隔で組み上げてつくった、幼児や児童用の固定遊具。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ジャングルジム」の解説

ジャングルジム【junglegym】

幼児,児童向きの固定された運動遊具。接地部が3~4m四方,高さ2.5~3m,鉄パイプで1区画が40~50cmのに仕切られるようにして組み立てられたものが一般的である。1920年ころアメリカ最初につくられたといわれ,日本には大正後期に東京市公園課に紹介されたという。また,お茶の水女子大学付属幼稚園に現存するジャングルジムは,27年にアメリカのコロンビア大学付属幼稚園にあったものをまねてつくられたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android