ジャン・ド・マン(英語表記)Jean de Meung

世界大百科事典 第2版の解説

ジャン・ド・マン【Jean de Meung】

1240ころ‐1305
フランスの詩人,翻訳家。本名ジャン・ショピネルChopinelまたはクロピネルClopinel。オルレアンに近いマン・シュル・ロアールに生まれ,パリのサン・ジャック街に住んだ。貴族の確証はないが,豊かな暮しぶりであったと推定される。文学士の資格を有し,古典や中世の著作に通じ,哲学的素養と博識を誇る。おそらくアベロエスの影響下にあった大学の知識人たちと接触があったであろう。しかし特にボエティウスオウィディウス,リールのアラヌス,ギヨーム・ド・サン・タムールから深い影響を受ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジャン・ド・マンの言及

【薔薇物語】より

…フランス中世の韻文物語。作者を異にする前・後編からなり,前半4020行(ルコア版)はギヨーム・ド・ロリスGuillaume de Lorrisによって1237年頃に,後半1万7722行はジャン・ド・マンによって1275‐80年頃に書かれた。物語は作者が見た夢を語るという形をとり,恋の成就(バラを手折ること)と恋愛作法を,抽象的な観念を形象化・擬人化するアレゴリーを用いて描く。…

※「ジャン・ド・マン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android