コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューブ ジューブ Jouve, Pierre Jean

3件 の用語解説(ジューブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジューブ
ジューブ
Jouve, Pierre Jean

[生]1887.10.11. パドカレー,アラス
[没]1976.1.8. パリ
フランスの詩人。 1909年パリに出て象徴派風の詩集『死人たちの踊り』 La Danse des morts (1917) などを出したが,24年頃から,精神分析の諸理論に啓発されて新しい詩の概念の発見を目指し,本能にとらわれるとともに魂の高揚を願う人間の二重性を追求した詩集『血の汗』 Sueur de sang (35) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジューブ

フランスのカトリック詩人。初めジュールロマンらの影響を示すが,のちロマンロランに傾倒。長い精神的危機の果てに1924年カトリックに改宗,神秘感をたたえた作品を発表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジューブ
じゅーぶ
Pierre Jean Jouve
(1887―1976)

フランスの詩人。初期には「僧院派(アベイ派)」(デュアメルビルドラックらのグループ)の影響下にあったが、1924年ごろ、それまでの全作品を自ら否定して作品目録から抹殺。以後、カトリシズムと精神分析、エロティシズムと聖性の結合を示す力強い作品群を生み出す。詩集に『婚姻』(1928)、『血の汗』(1933)、『パリの聖処女』(1942)、『暗闇(くらやみ)』(1965)など。小説に『パウリーナ1880年』(1925)、『荒野世界』(1927)、『カトリーヌ・クラシャの冒険』二部作(1928、31)など。現代におけるボードレールの最大の後継者と目される。[豊崎光一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジューブの関連キーワードパ・ド・カトルハードカレンシーパドックノールパドカレータイカレーレッドカレーパドルボードレースシングルブレードパドルパドルボードフィッシュヘッドカレー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジューブの関連情報