コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュールの実験 ジュールのじっけんJoule's experiment

2件 の用語解説(ジュールの実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュールの実験
ジュールのじっけん
Joule's experiment

J.P.ジュールが 1847年に初めて熱の仕事当量を測定した実験。液体中の羽根車をおもりの降下によって回転させ,そのときの摩擦によって生じる熱を液体の温度の上昇から求め,一方おもりの位置変化から求めた仕事と比較して,対応する仕事と熱との比が常に一定となることを発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュールの実験
じゅーるのじっけん

気体の内部エネルギーの体積・温度依存性を調べた実験。イギリスの実験物理学者ジュールは、コックでつながれた二つの容器A、Bを使用したが、この装置全体を熱絶縁物で十分に保温して、外部との間に熱量の出入りがないようにした。初め、Aに気体を詰め、Bは真空にしておく。ついでコックを開いて、気体がA、B両方を占めるようにする。この状態を十分に長時間保持したのちに気体の温度を測る。その結果は、気体の温度はコックを開く前と変わらないということであった。この装置には外部との間に熱量の出入りはなく、また明らかに、外部から仕事をされたり外部へ仕事をするということはまったくない。したがって、熱力学第一法則により、この気体の内部エネルギーはずっと一定に保たれているはずである。このこととジュールの実験結果とから、気体の内部エネルギーは温度にはよるが体積には無関係であるということになる。
 しかし、この実験は少量の気体を用いて行われたもので、実験精度は高くない。ジュールとトムソンは、管の途中に有孔栓を置き、気体が左側から右側へ定常的に流れるようにした。この際左右それぞれにおける気体の圧力はそれぞれ一定に保たれるように調節する。また、装置全体が外部と熱量の交換をしないように保温してある。この実験はジュール‐トムソンの(有孔栓の)実験とよばれる。実験結果によると、実在気体では、ジュールの実験の結果とは異なり、気体の温度が変化(上昇または下降)し、またその変化量は有孔栓の両側での圧力差に比例する。この事実をジュール‐トムソン効果という。この事実に基づいて熱力学的考察を行うと、実在気体では、内部エネルギーは温度だけでは決まらないで体積にもより、理想気体では、内部エネルギーが温度だけで決まることが結論される。
 ジュール‐トムソンの実験において、気体の温度が上昇するか下降するかは、気体の種類、実験を行う温度、圧力によって決まり、かなり複雑である。しかし、どのような気体でも、その気体に特有な温度(たとえば水素では絶体温度200K)以下では、かならず温度は低下する。この事実は、気体の液化技術ひいては低温工学の発展を大いに促進した。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジュールの実験の言及

【熱の仕事当量】より

…熱の仕事当量はランフォードの実験のあと,1845‐49年にわたるJ.P.ジュールの研究によって正確に測定された。なかでも有名な実験(ジュールの実験と呼ばれることがある)では,図に示したようなおもりの降下によって水を入れた円筒容器中の羽根車が回転する装置を用いた。【恒藤 敏彦】。…

※「ジュールの実験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュールの実験の関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学リベリア内戦メンデルスゾーン南部三閉伊一揆リベリア杉山英全日本マスターズ陸上競技選手権大会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone