コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョスカン・デ・プレ Josquin des Préz

1件 の用語解説(ジョスカン・デ・プレの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョスカン・デ・プレ【Josquin des Préz】

1440ころ‐1521
フランドル楽派の作曲家。ルネサンス最高の音楽家として当時から尊敬を受け,ルターが〈音符を意のままに支配する楽匠〉と賞賛した。青年時代に故郷のフランドル地方からイタリアに行き,1459年から72年末までミラノの大聖堂聖歌隊歌手をつとめた。引き続きミラノ公の宮廷に移り,79‐86年にはアスカニオ・スフォルツァに仕えたが,アスカニオが枢機卿になると,86年から教皇礼拝堂聖歌隊歌手として活躍,1501年にはフランスに向かいルイ12世の宮廷に仕えたが,03年すでに密接な関係のあったフェラーラ公エルコレ1世の宮廷礼拝堂楽長に迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジョスカン・デ・プレの言及

【フランドル楽派】より

…また,イタリアの清澄な和声法,ポリフォニーホモフォニーの対比効果も重視された。この世代の代表的な作曲家には,イタリアで長く活躍し,楽曲構成法に〈完全な技芸〉を示したジョスカン・デ・プレをはじめとして,イザーク,ピエール・ド・ラ・リューPierre de la Rue(1460ころ‐1518)らがいる。16世紀中ごろまでの第3期はジョスカンの成果の踏襲といえるが,声部数はしだいに増加し,複合唱手法が好まれるようになった。…

※「ジョスカン・デ・プレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョスカン・デ・プレの関連キーワード大永武田信栄土岐持頼動作強度レオ赤松義村伊勢貞陸武田元信マヌエル[1世]中渡り

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョスカン・デ・プレの関連情報