コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョスカン・デ・プレ Josquin des Préz

1件 の用語解説(ジョスカン・デ・プレの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョスカン・デ・プレ【Josquin des Préz】

1440ころ‐1521
フランドル楽派の作曲家。ルネサンス最高の音楽家として当時から尊敬を受け,ルターが〈音符を意のままに支配する楽匠〉と賞賛した。青年時代に故郷のフランドル地方からイタリアに行き,1459年から72年末までミラノの大聖堂聖歌隊歌手をつとめた。引き続きミラノ公の宮廷に移り,79‐86年にはアスカニオ・スフォルツァに仕えたが,アスカニオが枢機卿になると,86年から教皇礼拝堂聖歌隊歌手として活躍,1501年にはフランスに向かいルイ12世の宮廷に仕えたが,03年すでに密接な関係のあったフェラーラ公エルコレ1世の宮廷礼拝堂楽長に迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジョスカン・デ・プレの言及

【フランドル楽派】より

…また,イタリアの清澄な和声法,ポリフォニーホモフォニーの対比効果も重視された。この世代の代表的な作曲家には,イタリアで長く活躍し,楽曲構成法に〈完全な技芸〉を示したジョスカン・デ・プレをはじめとして,イザーク,ピエール・ド・ラ・リューPierre de la Rue(1460ころ‐1518)らがいる。16世紀中ごろまでの第3期はジョスカンの成果の踏襲といえるが,声部数はしだいに増加し,複合唱手法が好まれるようになった。…

※「ジョスカン・デ・プレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジョスカン・デ・プレの関連キーワードウェーベルンオケゲムデュファイフランドルフランドル楽派ポリフォニージョスカンデプレファンアイクフランドル派フランドル農法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョスカン・デ・プレの関連情報