フランドル楽派(読み)フランドルがくは

百科事典マイペディア「フランドル楽派」の解説

フランドル楽派【フランドルがくは】

15世紀後半から16世紀にかけてフランドル出身者を中心に栄え,ルネサンス時代のヨーロッパ音楽を主導した楽派。かつてはネーデルラント楽派とも呼ばれたが,現在では一般に用いられない。この楽派の作曲家たちはヨーロッパ全域で活動し,イタリア,フランス,ドイツ,スペインなどに高度なポリフォニー技法を伝えた。150年に及ぶその流れは通常3〜4期に分類される。第1期を代表するオケヘムらは〈ブルゴーニュ楽派〉の語法を継承・発展させ,低声部の充実した4声の声楽ポリフォニーに磨きをかけた。16世紀初頭にはこの楽派最大の作曲家ともいわれるジョスカン・デ・プレらが活躍。イタリア音楽の流れを汲んで旋律はいっそう流麗になり,高度なポリフォニーと響きの豊かさとが見事な均整美を形づくった。その後16世紀中葉にかけては,各地の地域性を色濃く反映させたシャンソンマドリガルなどの世俗歌曲が数多くつくられ,ベネチア楽派の創始者ウィラールト,フランスの大家ジャヌカンらが活躍。宗教改革にともないプロテスタント音楽も誕生する。16世紀後半にはラッススが登場し,当時の様々な音楽形式を統合。劇的な表出力に富むそのモテットミサ曲は次代を予感させるものとなった。主たる作曲家としてはほかに,オブレヒトイザーク,ピエール・ド・ラリュー〔1460ころ-1518〕,アルカデルト,デ・モンテ,スウェーリンクなど。なお,この楽派の音楽様式が広くヨーロッパ各地に伝播(でんぱ)していった背景には,印刷術の発展による楽譜出版の力も大きい。1501年にはオケヘム,ジョスカン・デ・プレらのフランス語のシャンソンを集めて,史上初の活版印刷による楽譜集《オデカトンA(百の歌の意)》がベネチアで出版されている。→デュファイモラーレス
→関連項目パレストリーナ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「フランドル楽派」の解説

フランドル楽派
ふらんどるがくは
Flemish school 英語
flämische (vlämische) Schule ドイツ語
école flamande フランス語
scuola fiamminga イタリア語

15世紀後半から16世紀末ごろにかけてヨーロッパ各地で活躍した、フランドル地方出身の音楽家たちの総称。現在の北フランスからベルギーにかけてのフランドル地方からは、15、6世紀には優れた音楽家たちが続々と輩出し、ヨーロッパの音楽界をリードした。彼らは、フランドルの地域のみにとどまらず、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど、西ヨーロッパ各地に散らばって、独自の様式による音楽をそれぞれの地域に広めていった。それは、各声部がそれぞれ対等の価値をもち、互いに旋律要素を模倣しあいながら動いてゆく、通模倣様式とよばれるもので、この時期のヨーロッパ音楽の基本原理となったものである。彼らは、ミサ曲やモテットをはじめとする宗教音楽ばかりでなく、フランス語によるシャンソン、イタリア語によるマドリガーレ、ドイツ語によるリートなど、世俗音楽も数多く書き、国際的な活動を行った。

 15世紀後半には、オケヘム、ビュノワ、15世紀末から16世紀初めにかけては、ジョスカン・デ・プレ、ラ・リュー、イザーク、オブレヒト、コンペール、16世紀前半には、ウィラールト、アルカデルト、デ・ローレ、ゴンベール、クレメンス・ノン・パパ、16世紀後半には、ラッスス、デ・モンテ、デ・ケルレら優れた作曲家が輩出し、15、6世紀がまさにフランドル楽派の時代であったことを証明している。

[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フランドル楽派」の解説

フランドル楽派
フランドルがくは
Flemish school

15世紀中葉から 16世紀末にかけてフランドル地方を中心に栄えた楽派。主要な作曲家はヨーロッパ各地で幅広く活躍し,ルネサンス音楽を主導した。第1期を代表するヨハンネス・オケヘム,ヤコブ・オブレヒトらの作品は,各声部に均衡のとれた 4声ポリフォニー書法を特色とする。第2期はフランドル楽派最大の作曲家ジョスカン・デ・プレの作品に代表され,ハインリヒ・イザークや,ピエール・ド・ラ・リュー,アントアヌ・ブリュメルらが続く。第3期はジャン・ムトン,ベネチア楽派を開いたアードリアン・ウィラールト,ニコラス・ゴンベールらに代表され,さらにヤコブ・アルカデルト,ヤコブズ・クレメンス・ノン・パパ,チプリアーノ・デ・ローレが続き,フィリップ・デ・モンテ,ヤコブズ・デ・ケルレ,オルランドゥス・ラッススらが最後を締めくくる。彼らが手がけたおもな曲種はミサ曲,モテト,シャンソンであり,さらにドイツ語の世俗多声歌曲,イタリア語のフロットラやマドリガルに及んだ。フランドル楽派の作曲技法は声を素材にした精妙な対位法の音楽であった。16世紀に入ると 5声を基準とし,8声に及ぶ作品も現れ,ルネサンスの声楽ポリフォニーは頂点に達したが,その王座は 17世紀に入って器楽と劇音楽に取って代わられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「フランドル楽派」の解説

フランドル‐がくは【フランドル楽派】

〘名〙 一五世紀半ばから一七世紀初頭にかけてフランドル地方でさかえた楽派。オケヘム、ジョスカン=デ=プレ、オブレヒトなどが輩出し、ミサ曲を主とする古典的な声楽ポリフォニーの手法を確立した。古くは「ネーデルラント楽派」とも呼ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「フランドル楽派」の解説

フランドルがくは【フランドル楽派 École flamande[フランス]】

15~16世紀にヨーロッパで栄えた国際的な楽派。主要な作曲家の出身地がほとんどフランドル地方,すなわちベルギー,フランス北部,オランダ南西部を含む地域であったためにこの名称があるが,彼らはヨーロッパ各地で活躍,その音楽様式はヨーロッパ全体に広まっていた。かつてはネーデルラント楽派と呼ばれたこともあったが,狭義のネーデルラントがオランダのみを指すのに対し,この楽派にはオランダ出身の音楽家がきわめて少なく,したがってネーデルラントという用語は誤解を招きやすいので,近年はフランドル楽派,フランコ・フランドル楽派École franco‐flamandeなどと呼ぶのが一般的となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフランドル楽派の言及

【音楽】より

…しかもこの300年期の中間には,およそ150年の間隔でさらに時代を画する現象を指摘することができる。少なくとも記録のある限り850年ごろといえるポリフォニーの始まり,初期ポリフォニーの最初の成果を示す1150年ごろの聖マルシアル楽派,1450年ごろに起こりルネサンス時代の開始を告げるフランドル楽派,J.S.バッハが没しバロック時代の終りを記す1750年。美術史から借用され音楽史でも一般化している様式概念を以上の時代区分に当てはめるならば,西洋音楽の歴史は,《ハーバード音楽辞典Harvard Dictionary of Music》(1944)にならって,およそ次のように図式化できよう。…

【合唱】より

…しかし器楽が声楽部と重複して奏されることが普通に行われ,声楽のみで演奏されることはむしろまれである。続く16世紀のフランドル楽派はオケヘム,ジョスカン・デ・プレ,イザークらを輩出し,合唱音楽の黄金時代というにふさわしい。ブルゴーニュ楽派の時代は3声の作品が主であり,フランドル楽派になると4声に中心が移り,さらにそれ以上の声部をもつ合唱曲も作曲されるようになった。…

【シャンソン】より

…この時代にはなお歌曲定型が大勢を占めていたが,同時に近代的な有節形式やより自由な形式も徐々に現れはじめた。 次いで15世紀末になると,全声部に模倣を徹底させるいわゆる〈通模倣様式〉を基礎とするJ.オケヘム,J.オブレヒトらフランドル楽派の時代をむかえる。ここに至り歌曲定型は完全に捨て去られ,ミサやモテットのような宗教曲と同様の対位法的彫琢がなされ,全声部が同じ歌詞を歌うようになる。…

【ネーデルラント楽派】より

…音楽史の用語。15,16世紀にヨーロッパで栄えた国際的な楽派で,フランドル楽派と同義。〈ネーデルラント楽派〉という呼び名は誤解を招きやすいので,最近では〈フランドル楽派〉あるいは〈フランコ・フランドル楽派〉〈フランス・ベルギー楽派〉という名称が使われるようになってきた。…

【フランス音楽】より

… 15世紀中ごろより16世紀末まで,現在の北フランスからオランダに至るフランドル地方に優れた音楽家が輩出し,ヨーロッパ各地で,ブルゴーニュ楽派を引き継ぎながら,もっと声部が均等化して多数声部間で模倣しあう対位法的な書法による,宗教音楽やシャンソンを書いた。このフランドル楽派を代表する名として,オケヘム,オブレヒト,A.ブリュメル,ジョスカン・デ・プレ,ピエール・ド・ラ・リュー,L.コンペール,J.ムトン,N.ゴンベール,ラッススをあげておく。彼らはとりたててフランス的・国民的な着想を主張したわけでないが,その形成にフランスの演じた役割を認めないのも,穏やかでないであろう。…

【ポリフォニー】より

…4声部書法が定着し,またミサ通常文への作曲が盛んになり,しかも各曲に同一の定旋律を使用することで全体の統一が図られたのもこの頃である。続くフランドル楽派の時代には,各声部が互いに対等に同一旋律の模倣を行う通模倣様式が確立された。声楽ポリフォニーの頂点は16世紀後半のローマ楽派のパレストリーナによって築かれ,その豊かでなめらかな様式は,その後の対位法の規範となった。…

※「フランドル楽派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android