コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイレン(睡蓮) スイレンNymphaea; water lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイレン(睡蓮)
スイレン
Nymphaea; water lily

スイレン科の水生多年草の1属。世界の熱帯から温帯にかけて約 50種が知られる。このうち特に東アジアと北アメリカに分布し,日本でも高冷地の池沼に自生するヒツジグサを単にスイレンという場合もある。ヒツジグサは日本唯一の自生のスイレンである。また熱帯アメリカ,エジプト,北アフリカ,熱帯アフリカなどの原産の大型で美花をつける種類を熱帯スイレンと呼んで温室の水槽などで栽培する。主要な種類にはニオイヒツジグサ N. odorata (北アメリカ産,白色花) ,オトコスイレン N. marliacea (交雑種,黄色花) ,アフリカスイレン N. capensis (南アフリカ産,青色花) ,ベニバナスイレン N. rubra (インド産,赤色花) などがあり,これらをもとに改良された園芸品種は非常に多い。昼咲き種と夜間に咲くものとがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スイレン(睡蓮)【スイレン】

温〜熱帯に広く分布するスイレン科の多年生水草。普通にみられる園芸品はいろいろの原種を交雑,改良したもの。耐寒性と熱帯性(熱帯スイレン)に大別。前者は根茎,後者は球茎泥中にあり,長い葉柄の先についた切れ込みのあるまるい葉を水面に浮かべる。花柄の先に1花をつけるが,花は耐寒性のものは水面に浮かび,熱帯スイレンは水面から30〜40cmぬき出て咲く。朝開き午後閉じる性質があり,夜咲きのものもある。花色は白・黄・紫・青・赤・桃色等。日本各地に自生するヒツジグサは耐寒性の野生種の一つで,7〜10月,径3〜5cmの白い花を開き,葉には褐色の斑がある。それとメキシコ産の野生種との交雑品に淡黄色の小さな花のヒメスイレンがあり,観賞用に水盤に栽培される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android