コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウィート Sweet, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウィート
Sweet, Henry

[生]1845.9.15. ロンドン
[没]1912.4.30. オックスフォード
イギリスの言語学者。音声学と英語学の研究に従事し,科学的英語学の基礎を築いた。音声学の分野では大陸の諸学者とともに一般音声学の確立に努力した功績が大きく,言語音声の表記のために A.ベルのビジブルスピーチを改良した「器官的記号」 organic notationを考案する一方,ローマ字を基礎とする2種の記号 broad Romic (簡略ローマ字式) と narrow Romic (精密ローマ字式) とを考案した。それらは現在の国際音声字母の基礎となる一方,前者 broad Romicは現在の音韻表記のさきがけとなった。英語学の分野では特に古期英語の研究に専念し,多数の古期英語,中期英語の文献を編集した。主著に,『音声学便覧』 Handbook of Phonetics (1887) ,『音声学入門』A Primer of Phonetics (92) ,『英語の音声』 The Sounds of English (1908) など音声学の著作のほか,『古英語読本』 Anglo-Saxon Reader (1876) ,『新英文法』 New English Grammar (2巻,91~98) ,『言語史』 The History of Language (1900) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スウィート(Henry Sweet)

[1845~1912]英国の音声学者・英語学者。音声学の研究や科学的英文法の樹立に業績をあげた。著「音声学教本」「新英文法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スウィート【Henry Sweet】

1845‐1912
イギリスの音声学者,英語学者,比較言語学者。19歳でドイツに留学,比較言語学の方法論を修め,後オックスフォード大学に学ぶ。天与の音声学的才能と洞察力により現代音声学の開拓者の役割を果たすとともに,古英語(アングロ・サクソン語)の研究に確実な基礎を与え,中・近代英語の研究とあいまって,英語史,とくにその初期に,近代音声学・言語学の角度から光を当てた。著書《音声学教本A Handbook of Phonetics》(1877),《英語音声史A History of English Sounds》(1874),《英語の音声The Sounds of English》(1908)は音声学の名著である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スウィート【Henry Sweet】

1845~1912) イギリスの音声学者・英語学者。古代英語の研究に貢献。著「音声学教本」「英語音声史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウィート
すうぃーと
Henry Sweet
(1845―1912)

イギリスの英語学者、言語学者、音声学者。ドイツのハイデルベルク大学に学び、英語の歴史的研究の方法を知ったが、これに飽き足らず、真にイギリス的な英語学を独力で建設した。活動は多方面にわたるが、性格が災いしてか、あまりに時代に先んじていたためか、地位に恵まれず、オックスフォード大学の音声学准教授にとどまった。英語史ことに古期英語の研究、科学的な英文典の発表、英語のみならず諸国語の音声学的研究、優れた教科書および辞書の編集執筆、どれをとっても当時の国際的水準を抜き、今日なお十分に参照するに足る業績を残し、いまに至るまでイギリス最高の学者の名に恥じない。その学風は、イギリスではH・C・ワイルド(1870―1945)、デンマークではO・イェスペルセンに継承された。[三宅 鴻]
『東浦義雄訳『古代英語文法入門』(1975・千城) ▽小川芳男訳『言語の実際的研究』(1986・英潮社新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスウィートの言及

【音声記号】より

…またロシアではロシア文字が利用され,[p]を[п],[b]を[б]としるしている。 このほかに特別な記号を字母的に用いたものにH.スウィートの器官的記号がある。彼は前舌高母音[i]にɾ,中母音[e]に,低母音にの記号をあて,閉鎖音[p]を,[t]を,[k]をと表している。…

【文法】より

…さらに,そうした伝統的なラテン語文法にならって,やがて当代のヨーロッパ諸言語の文法の研究も徐々に行われるようになり,これらを〈伝統文法〉と呼んでいる。たとえば英語では,19世紀末にH.スウィートが,また20世紀前半にO.イェスペルセンが,いずれも〈伝統文法〉の集大成ともいうべき業績を残している。一方,18世紀末にヨーロッパ諸言語とサンスクリットなどの類似が指摘されると,19世紀には,それら諸言語――一般的な言い方をすれば,歴史的に共通の祖にさかのぼると考えられる諸言語――を相互に比較してその歴史的な関係を究明しようとする〈比較文法〉が興った(〈比較文法〉という語は前掲の〈対照文法〉とは異なり,このように限定的な意味で用いる)。…

※「スウィート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スウィートの関連キーワードライス(Karel Reisz)メルビン・バン ピーブルズリチャード アシュクロフトマリオ・バン ピーブルズオットー イェスペルセンGRAND Calbeeショーン ストックマンマービン ハムリッシュグウェン ステファニーアシュリー シンプソンサーフィンU.S.A.ジェイムズ テイラーグレアム スウィフトドロシー フィールズケアリイ レイシェルジェームズ テイラーシャーリーズ セロンチャールズ コクランミリー ジャクソンフランク アイエロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スウィートの関連情報