コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカンデルベグ スカンデルベグSkanderbeg (Skënderbeu); Gjergj Kastrioti

3件 の用語解説(スカンデルベグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカンデルベグ
スカンデルベグ
Skanderbeg (Skënderbeu); Gjergj Kastrioti

[生]1405. 北アルバニア
[没]1468.1.17. レゼ
アルバニアの支配者,民族的英雄。本名ギェルギ・カストリオティ。エマティア侯の子。幼くしてオスマン帝国の人質となり,イスラム教に改宗。エディルネで教育を受け,スルタンムラト2世からアレクサンドロス3世 (大王) にちなんでイスカンデルの名とベイの称号を贈られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカンデルベグ【Gjergi Kastoriot Skënderbeg】

1404ころ‐68
中世アルバニアの民族的英雄。北アルバニアの豪族ギオン・カストリオトの第4子として生まれ,1430年ころ,父がオスマン帝国の宗主権を受け入れたため,当時の慣習にのっとって兄たちとともにオスマン宮廷に人質として預けられ,そこでイスラムに改宗し,侍従として仕えた。勇気があり武勇に優れていたところから,アレクサンドロス大王の名にちなんで,スカンデルの名を与えられ,軍司令官(ベグ)として従軍した。37年ころ,父の領地にティマール(軍事封土)を与えられ,シパーヒー(騎士)として故郷に戻った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカンデルベグ
すかんでるべぐ
Gjergj Kastrioti Skanderbeg
(1403―1468)

アルバニア史上の民族英雄。カニナのカストリオティ家の出身で、母はセルビア人有力者の娘。父の居城がトルコに占領され、11歳で人質としてコンスタンティノープル(現イスタンブール)に送られ、イスラム教徒になり、トルコ名イスカンデルを与えられた。アルバニア人たちはのちに彼にベイの称号をつけ、音を多少変えてスカンデルベグとよんだ。サンジャクのトルコ軍に配属され、ベネチアセルビアと戦ったが、1443年アルバニア人の対トルコ蜂起(ほうき)の報に接し、民族の自由のために戦う決意をした。キリスト教に改宗し、アルバニアの有力首長の娘を妻に迎え、首長たちを結集してトルコと戦った。モンテネグロ、ベネチア、ナポリ、ローマ教皇も彼を支援した。トルコ皇帝ムハンマド2世は1466年自ら大軍を率いてスカンデルベグを攻撃、劣勢の後者は支援を求めにローマを訪れ、帰国途上ベネチア領アレッシオで死去した。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスカンデルベグの言及

【アルバニア】より


[オスマン帝国の支配]
 14世紀の後半からバルカン半島へオスマン・トルコが侵入し,アルバニアの封建諸侯も次々に降伏して,主要都市にはオスマン帝国の守備隊が置かれた。15世紀の前半,中部アルバニアの出身でオスマン帝国軍人として有名であったスカンデルベグがオスマンに対するアルバニア独立の旗をかかげ,クルヤKrujëの城塞を拠点として戦った。1443‐68年,オスマン帝国は毎年のように大軍を派遣したが,そのたびに敗北し,やっとスカンデルベグの死(1468)後,封建諸侯の内紛に乗じて,再征服に成功した。…

※「スカンデルベグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スカンデルベグの関連キーワード骨皮道賢帖木児日野業子ティムール帖木児インドの産業大動脈構想中村ビュデ茂林寺子抱富士

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone