コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカンデルベグ Skanderbeg (Skënderbeu); Gjergj Kastrioti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカンデルベグ
Skanderbeg (Skënderbeu); Gjergj Kastrioti

[生]1405. 北アルバニア
[没]1468.1.17. レゼ
アルバニアの支配者,民族的英雄。本名ギェルギ・カストリオティ。エマティア侯の子。幼くしてオスマン帝国の人質となり,イスラム教に改宗。エディルネで教育を受け,スルタン,ムラト2世からアレクサンドロス3世 (大王) にちなんでイスカンデルの名とベイの称号を贈られた。スカンデルベグの名はこれによる。 1443年オスマン帝国軍がニシュの戦いでハンガリーのフニャディ・ヤーノシュに敗れたとき,アルバニアに逃れ,キリスト教に帰依。翌年アルバニアの諸侯の連盟を組織して,44~46年 13回のオスマン帝国軍の来襲を撃退。西ヨーロッパ世界に勇名をとどろかせ,ローマ教皇カリクスツス3世によって教皇庁大将軍に任命された。 63年ベネチアと同盟締結。その死後アルバニアはまもなくオスマン帝国の支配に屈し (1478) ,20世紀まで独立を回復できなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカンデルベグ【Gjergi Kastoriot Skënderbeg】

1404ころ‐68
中世アルバニアの民族的英雄。北アルバニアの豪族ギオン・カストリオトの第4子として生まれ,1430年ころ,父がオスマン帝国の宗主権を受け入れたため,当時の慣習にのっとって兄たちとともにオスマン宮廷に人質として預けられ,そこでイスラムに改宗し,侍従として仕えた。勇気があり武勇に優れていたところから,アレクサンドロス大王の名にちなんで,スカンデルの名を与えられ,軍司令官(ベグ)として従軍した。37年ころ,父の領地にティマール(軍事封土)を与えられ,シパーヒー(騎士)として故郷に戻った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカンデルベグ
すかんでるべぐ
Gjergj Kastrioti Skanderbeg
(1403―1468)

アルバニア史上の民族英雄。カニナのカストリオティ家の出身で、母はセルビア人有力者の娘。父の居城がトルコに占領され、11歳で人質としてコンスタンティノープル(現イスタンブール)に送られ、イスラム教徒になり、トルコ名イスカンデルを与えられた。アルバニア人たちはのちに彼にベイの称号をつけ、音を多少変えてスカンデルベグとよんだ。サンジャクのトルコ軍に配属され、ベネチアやセルビアと戦ったが、1443年アルバニア人の対トルコ蜂起(ほうき)の報に接し、民族の自由のために戦う決意をした。キリスト教に改宗し、アルバニアの有力首長の娘を妻に迎え、首長たちを結集してトルコと戦った。モンテネグロ、ベネチア、ナポリ、ローマ教皇も彼を支援した。トルコ皇帝ムハンマド2世は1466年自ら大軍を率いてスカンデルベグを攻撃、劣勢の後者は支援を求めにローマを訪れ、帰国途上ベネチア領アレッシオで死去した。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスカンデルベグの言及

【アルバニア】より


[オスマン帝国の支配]
 14世紀の後半からバルカン半島へオスマン・トルコが侵入し,アルバニアの封建諸侯も次々に降伏して,主要都市にはオスマン帝国の守備隊が置かれた。15世紀の前半,中部アルバニアの出身でオスマン帝国軍人として有名であったスカンデルベグがオスマンに対するアルバニア独立の旗をかかげ,クルヤKrujëの城塞を拠点として戦った。1443‐68年,オスマン帝国は毎年のように大軍を派遣したが,そのたびに敗北し,やっとスカンデルベグの死(1468)後,封建諸侯の内紛に乗じて,再征服に成功した。…

※「スカンデルベグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android