コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スガイ スガイ Lunella coronata

3件 の用語解説(スガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スガイ
スガイ
Lunella coronata

軟体動物門腹足綱リュウテンサザエ科。殻高 2.7cm,殻径 2.9cm。殻は堅固,ややつぶれた球形で,螺塔は低く,体層は大きい。殻表は緑褐色で,顆粒から成る螺肋をめぐらす。個体によっては肩に結節をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スガイ

リュウテンサザエ科の巻貝。石灰質の蓋を酢に入れると,炭酸ガスの泡を出して動きまわるのでこの名がある。高さ3cm,幅3cm未満。殻表は緑褐色のものが多く鮫肌(さめはだ)状。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スガイ
すがい / 酢貝
coronated turban shell
[学]Lunella coronata

軟体動物門腹足綱リュウテンサザエ科の巻き貝。本州の陸奥(むつ)湾以南の日本全国をはじめ、西太平洋、インド洋に広く分布し、潮間帯の岩礁や礫(れき)底にすむ。スガイの名は、蓋(ふた)を酢の中に入れると、泡を吹き出して浮き、くるくる回るのでついた。古名はカラクモガイ(唐雲貝)である。殻高、殻径とも28ミリメートルぐらいになり、やや扁圧(へんあつ)された球形。殻頂は侵食されて小孔があいている。殻表は緑褐色で、顆粒(かりゅう)からなる螺肋(らろく)を巡らし、肩や周縁または殻底でこぶ状の結節を生じる。殻口は丸く、内面に真珠光沢があり、臍孔(へそあな)を欠く。蓋は円形のレンズ型で、外面は暗緑色。殻表にはつねにカイゴロモという緑藻が付着している。[奥谷喬司]
 殻の口についている蓋は石灰質が多く、酢につけると溶けながら動くのでこの名がある。古くから食用にされていたらしく、貝塚からも多く出てくる。潮干狩でよくとれ、小粒だが味のよい貝である。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スガイの関連キーワード軟体動物裏渦貝後鰓類腰高栄螺栄螺前鰓類象水母輪宝貝軟体類サザエ(栄螺)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スガイの関連情報