コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズカケノキ

百科事典マイペディアの解説

スズカケノキ

ヨーロッパ南西部〜アジア西部原産のスズカケノキ科の落葉高木。日本には明治初めに渡来し,広く植栽される。樹皮はよくはげ,葉は大きく,掌状に裂け,裂片には鋸歯(きょし)がある。4〜5月,雌花,雄花を別々の頭状花序につける。果実は先端のとがった小さな痩果(そうか)が多数集まった球状果で,1本の果軸に3〜4個連なってつき,下垂する。近縁のアメリカスズカケノキは北米東部原産で,樹皮はあまりはげ落ちない。葉は広卵形で浅く3〜5裂する。痩果は先があまりとがらず,球状果はただ1個だけつく。両種の雑種モミジバスズカケノキ(カエデバスズカケノキ)を含め,プラタナスといわれる。3種ともに街路樹,公園樹とするが,最もふつうに見られるのはモミジバスズカケノキである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズカケノキ
すずかけのき / 鈴懸木
oriental plane
[学]Platanus orientalis L.

スズカケノキ科の落葉高木。高さ20~30メートルに達する。樹皮は大きく薄片となってはげ、白色と淡緑色のまだらになる。冬芽は葉柄に包まれ、葉は互生し、広卵状円形で幅10~20センチメートル、深く5~7裂し、縁(へり)に欠刻状の鋭い鋸歯(きょし)がある。4~5月、小花が球状に集まって開く。痩果(そうか)は先が鋭くとがり、基部に白い毛があり、多数集まって径約3センチメートルの球形の集合果となり、果軸に3、4個ついて下垂する。小アジア、ヨーロッパ南東部原産。日本へは1900年ころに渡来し、庭園樹、街路樹として植栽されている。
 スズカケノキ科はスズカケノキ属のみからなり、南ヨーロッパからインド、マレー方面と北アメリカ南部からメキシコに6種が分布する。アメリカスズカケノキP. occidentalis L.は北アメリカ東部原産で、樹皮は年を経ると暗褐色となり、縦に割れ目ができる。葉は広卵形で浅く3~5裂し、縁に粗い歯牙(しが)がある。痩果の先は鈍くとがったくさび形で、球状に集まった集合果は果軸に1個、まれに2個ついて下垂。モミジバスズカケ(カエデバスズカケ)P. × hispanica Muenchh. はスズカケノキとアメリカスズカケノキとの雑種で、両種の中間の形をしている。樹皮は大きな薄片となってはげ、あとは白色と淡緑色のまだらになる。葉は広卵形で3分の1の深さまで3~5裂し、中央裂片の深さと幅はほぼ等しい。球形の集合果は果軸に2個、ときに3個ついて下垂する。日本の街路樹には、この種類がいちばん多く用いられる。一般には、これらを総称してプラタナスとよぶ。[小林義雄]

栽培

北海道から沖縄まで植栽でき、とくに土質を選ばないが、適潤地でよく育つ。成長は速く、強い剪定(せんてい)に耐え、移植も容易。繁殖は実生(みしょう)または挿木による。[小林義雄]

文化史

属名のプラタナスは広い葉に基づいたギリシア語のプラトスplatos(幅広い)に由来する。古代のアテネにはスズカケノキの並木道があり、プラトンなどの哲学者たちが木陰で説き、語ったので、スズカケノキは天才の象徴にされた。ペルシアのクセルクセス1世は紀元前480年、第3回ギリシア遠征の途中ヘレスポント海峡(現在のダーダネルス)を渡った際、その木の美しさに魅了されたという。預言者エゼキエルは聖書のなかでプラタナスをたたえた(『エゼキエル書』31章八節)。日本には明治40年ごろ導入され、東京の街路樹に育てられた。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スズカケノキの関連キーワードアメリカ白火取・アメリカ白灯蛾・アメリカ白燈蛾モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸木)スズカケノキ(篠懸の木)ニューヨーク証券取引所スズカケノキ(鈴懸木)アメリカ篠懸の木スコロサウルス紅葉々鈴懸木マンニット篠懸・鈴懸証券取引所ボタンの木鈴懸の木篠懸の木鈴懸木釦の木植物園牡丹木篠懸木鈴掛木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android