コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズガモ Aythya marila; greater scaup

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズガモ
Aythya marila; greater scaup

カモ目カモ科。全長 39~56cm。雌雄異色。雄は頭頸部が金属光沢のある暗緑色で,背面は白地に細かな黒色の横斑が密にあり,胸は黒く,腹は白い。雌は頭頸部,背面,胸は暗緑褐色で,額と顔の前半部および腹が白い。ユーラシア大陸および北アメリカの北部で繁殖し,日本には冬鳥(→渡り鳥)として多数渡来する。冬季,海岸の浅瀬,河口,入江,広い湖沼などにすみ,貝類やカニ類などを食べる。ときに養殖の稚貝に大害を与えることがある。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズガモ
すずがも / 鈴鴨
scaup
[学]Aythya marila

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全北区に分布するが、西部旧北区と東部旧北区から北アメリカとに別亜種がいる。北アメリカにはさらに別種コスズガモも分布する。日本に渡来するものはシベリア東部、カムチャツカ半島、千島で繁殖し、稚内(わっかない)市の大沼などに大群で渡り、さらに本州の浅い江湾、とくに東京湾には万以上の大群で越冬する。動物質を主食とし、アサリを好むものはまる飲みにして砕くので砂嚢(さのう)が著しく強大になっている。したがって穀類による飼育には弱い。全長約45センチメートル。雄は、頭部が緑色光沢のある黒色、胸が黒色、背は白色に波状の黒色斑(はん)があり、わきは白色。嘴(くちばし)は幅広く、先端の嘴づめのみが黒色。雌は褐色で、嘴の周りが白色である点でキンクロハジロの雌と区別される。なお和名の由来は、飛び立つときの羽音とされるが誤りで、鈴羽音を出すのは実は別種のホオジロガモである。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スズガモの関連キーワードアンダーウォーターワールド日本のラムサール条約登録湿地スズガモ(鈴鴨)ホオジロガモ潜水カモ類黒田長久ウミガモハジロ羽白鴨

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スズガモの関連情報