コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタジア測量 スタジアそくりょうstadia survey; tachymetry

5件 の用語解説(スタジア測量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタジア測量
スタジアそくりょう
stadia survey; tachymetry

視距測量ともいう。地形測量に用いられる間接距離測量法の一つ。トランシットレベル (水準儀) の望遠鏡で,前方に立てた標尺 stadiaを視準し,望遠鏡の視野内で,十字線の上下に等間隔に張った2本のスタジア線 stadia hairではさんだ標尺の長さと,そのときの鉛直角をはかり,一定の定数 (スタジア定数) を乗じて,斜距離や水平距離,比高を求める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スタジア‐そくりょう〔‐ソクリヤウ〕【スタジア測量】

stadia》視距儀の接眼部にある2本の線が挟む標尺の目盛り数(長さ)と高度角を読み取り、標尺までの水平距離と比高を計算する測量法。→視距儀

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スタジア測量【スタジアそくりょう】

望遠鏡と標尺とを使って簡単に水平距離を求める間接測量法。望遠鏡視野内の水平な2本の糸の間で読まれる標尺の読みの差を一定倍し,それに定数を付加して水平距離を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタジアそくりょう【スタジア測量 stadia surveying】

経緯儀(トランシット)の望遠鏡の視野内に刻まれたスタジア線を用いて行う簡便な測量方法。一地点にすえた経緯儀と,目標地点に立てた標尺との間の距離と比高を間接的に求める。望遠鏡をのぞき,その視野内にある上下2本の平行線(スタジア線stadia hair)によって,目標地点に鉛直に立てた標尺のはさまれる長さ(目盛数)およびその時の高度角(鉛直角)を読み取り,この値を公式にあてはめれば,水平距離および比高を簡単に算出できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタジア測量
すたじあそくりょう
stadia survey

トランシットの望遠鏡内に上下に一定の視角で引かれた2本の水平線をスタジア線といい、目標地点に立てた標尺の目盛りのうち、このスタジア線で挟まれる部分の長さから目標までの距離を計算により求める測量で、タキメトリーtachymetryともいう。目標地点が観測点と同一の高さでない場合にはその比高も求め、かつスタジアの読み取り値に傾斜による補正も加えねばならないが、これらの補正および計算がコンピュータなどで自動的行われるトランシットをタキメーターという。[尾崎幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone