スターリングラード攻防戦(読み)スターリングラードこうぼうせん

百科事典マイペディアの解説

スターリングラード攻防戦【スターリングラードこうぼうせん】

1942年8月―1943年2月,独・ソ軍の間で行われたスターリングラード(現在ボルゴグラード)の争奪戦。第2次世界大戦中最大の激戦で,ドイツ軍約33万が包囲されて全滅(捕虜9万)。以後ソ連軍は全面反撃に転じ,戦局は大きく変わった。
→関連項目ソ・フィン戦争マリノフスキー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スターリングラードこうぼうせん【スターリングラード攻防戦】

第2次大戦下独ソ戦の重大な分岐点となった戦い。1942年7月17日,ドイツ軍はボルガ川下流地域の要衝スターリングラード(現,ボルゴグラード)の攻撃を開始した。8月からはイタリア軍,ルーマニア軍も戦闘に参加,9月14日,ドイツ軍は市中央部に突入した。これに対しソ連軍は同市を,ボルガ西岸の河港部を含む市街地で頑強に防いだ。ヒトラーは同市奪取を強く命令,11月11日にドイツ軍はさらにボルガ川に達したが攻撃は阻止された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスターリングラード攻防戦の言及

【ボルゴグラード】より

…1917年の十月革命後,とくに30年代からトラクター工場を中心に活況を呈し,ボルガ川下流地域の行政の中心地ともなった。 この都市を世界的に有名にしたのは,第2次世界大戦の戦局の転機となったスターリングラード攻防戦である。42年7月~43年2月のドイツ軍との戦闘で,全市は廃墟と化し,戦前44万あった人口が1515になったという。…

※「スターリングラード攻防戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スターリングラード攻防戦の関連情報