コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティグラー スティグラーStigler,George Joseph

3件 の用語解説(スティグラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティグラー
スティグラー
Stigler,George Joseph

[生]1911.1.17. アメリカワシントン,レントン
[没]1991.12.1. アメリカ,イリノイシカゴ
アメリカの経済学者。ワシントン大学卒業。ブラウン大学教授,コロンビア大学教授などを経て,1958年シカゴ大学教授。 77年シカゴに経済研究所を設立する。市場への政府介入の縮小 (小さな政府) を説き,自由市場擁護を主張するシカゴ学派の1人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

スティグラー【George Joseph Stigler】

1911~1991) アメリカの経済学者。産業組織論などの分野で業績を上げる。また経済分析のなかに情報理論を導入し情報の経済学を発展させた。著「価格の理論」「産業組織論」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティグラー
すてぃぐらー
George Joseph Stigler
(1911―1991)

アメリカの経済学者。東欧からの移民の子として、ワシントン州シアトル郊外のレントンに生まれる。1931年ワシントン大学を卒業、1932年にノースウェスタン大学ビジネススクールでMBA(経営学修士号)を取得したのち、シカゴ大学の大学院に進み、1938年「生産と分配の理論」Production and Distribution Theoriesにより博士号を取得した。シカゴ大学ではF・H・ナイト、J・バイナー、H・C・サイモンズの影響を受ける。1936年から1938年までアイオワ州立大学、1938年から1946年までミネソタ大学、1946年から1947年までブラウン大学、1947年から1958年までコロンビア大学などでの教職を経て、1958年にシカゴ大学教授となった。
 スティグラーは、1940年代から1950年代にかけて、産業組織の分析を中心としたミクロ経済学についての論文や著作を多く発表し、とくに1947年出版された『価格の理論』The Theory of Priceはミクロ経済学の標準的な教科書として評価を得た。彼は、競争市場の効率性を強調するシカゴ学派の代表として、価格理論を応用した産業組織論を展開し、ハーバード学派の提唱する反トラスト政策に対抗して、政府の介入しない自由な市場経済を強調した。また1961年に発表した論文「情報の経済学」The Economics of Informationにおいて、従来あまり重視されていなかった、価格決定における情報がもつ役割を分析して、独創的理論を展開した。1982年「産業構造、市場機能、公的規制の原因と効果についての研究」によってノーベル経済学賞を受賞した。[金子邦彦]
『G・J・スティグラー著、松浦保訳『生産と分配の理論――限界生産力理論の形成期』(1967・東洋経済新報社) ▽G・J・スティグラー著、神谷傅造・余語将尊訳『産業組織論』(1975・東洋経済新報社) ▽G・J・スティグラー著、南部鶴彦・辰巳憲一訳『価格の理論』(1991・有斐閣) ▽マリル・ハート・マッカーティ著、田中浩子訳『ノーベル賞経済学者に学ぶ現代経済思想』(2002・日経BP社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スティグラーの関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone