コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロンボリ島 ストロンボリとう Isola Stromboli

2件 の用語解説(ストロンボリ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロンボリ島
ストロンボリとう
Isola Stromboli

イタリア南西部,シチリア島北東方,チレニア海に浮ぶエオリエ諸島北端の島。シチリアメッシナ県に属する。ストロンボリ火山 (924m) の活動で形成された島で,最近では 1957年に噴火したが,現在も溶岩が海に向って流出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロンボリ島
すとろんぼりとう
Stromboli

地中海のティレニア海にあるイタリアリパリ諸島北東端の活火山島。海底から噴出した玄武岩安山岩からなる成層火山で、標高926メートルであるが、海中の基底からの高さは約2700メートル。島は直径4~5キロメートル、面積12.6平方キロメートル。人口は約700で、行政上はシチリア州メッシーナ県リパリ村に属する。古代名はストロンジルStrongyle島。近くにストロンボリキオStrombolichioとよばれる、火道の溶岩だけが残ってできた小島がある。
 24世紀以上も前のローマ時代から、約5000年前に山体崩壊して生じたU字型崖の上部にある複数の火口からほぼ連続的に噴火を繰り返している。数十分前後の短い間隔で周期的に小爆発し、飛跡がシャワーのように見えるのが特徴である。一般にこの型の噴火は「ストロンボリ式噴火」とよばれ、代表的な噴火様式の一つである。溶岩流出も伴うことがある。少なくとも1000年以上にわたって爆発を繰り返してきたため、古来、「地中海の灯台」とよばれ、航海者に親しまれてきた。2002年12月末には小さな山体崩壊が生じたために、ストロンボリ式噴火が一時的に中断したことがある。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストロンボリ島の関連キーワードシチリア島シャッカチェファルーアレトゥーザの泉オルティジア島セジェスタプレトリア広場マツァーラデルバッロモンレアーレチルネコ・デルエトナ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストロンボリ島の関連情報