コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペイン共産党 スペインきょうさんとうPartido Comunista de España

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン共産党
スペインきょうさんとう
Partido Comunista de España

スペインの政党。 1920年 11月結成。 36~39年の内戦で共和派が敗れたあと非合法化され,本部をパリにおいて地下活動を行なった。非合法労働組織である労働委員会を通じて労働運動に強い影響力をもった。 77年4月合法化され,同年6月の総選挙では民主中道連合 (→民主社会中道党 ) ,社会労働党に大差をつけられながらも下院で 19議席を獲得,第3党となった。議会主義を通じて民主的に政権獲得を目指す西欧共産主義を推進,フランスイタリア共産党に近い。モスクワの路線を公然と批判,77年6月にはソ連の雑誌『新時代』からきびしく非難された。 84年1月にユーロコミュニズム推進派と親ソ派が党内路線対立し,名指導者と評されたカリリョ元書記長が処分され,党が分裂するという事態にまでいたった。 89年1月に再統合。同年6月のヨーロッパ議会選挙後は,イタリア共産党 (現左翼民主党 ) とともに「ヨーロッパ統一左翼グループ」を結成して社民勢力の結集を目指したが,党内に解党派が台頭している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペイン共産党
すぺいんきょうさんとう
Partido Comunista de Espaa

1922年、スペイン社会労働党から分かれたコミンテルン(第三インターナショナル)支持派によって創立。初期には党内論争と政府の弾圧で影響力は弱く、31年の第二共和国にも敵対的姿勢を示した。32年、ディアスイバルリが指導者となり、民主主義的課題を重視する路線転換が行われた。34年の「10月闘争」ではアストゥリアスコミューン(アストゥリアスの鉱山労働者による武装蜂起(ほうき)におけるコミューン)の一翼を担った。36年の人民戦線連合に加わり、人民戦線連合が選挙に勝利すると政府に協力した。この後、急速に党勢を伸張させた。36~39年の内戦では、共和国政府に入閣し農地改革を主導、中間層擁護の政策、効果的な軍隊編成、ソ連の援助などによって共和国の有力政治勢力となった。
 内戦敗北後、多くの党員が亡命し、ゲリラ闘争も効果をあげなかったが、1956年にはフランコ独裁政権の平和的打倒を目ざす「国民的和解」路線を採用した。このころから労働運動や知識層に浸透、またカトリック勢力との共同が進められた。60年にカリリョが書記長に就任、60年代前半の党内論争を経て、70年代には民主評議会を主導して反独裁運動を展開、フランコ体制崩壊後の77年に合法化された。同年の総選挙では第3党となり、また国際的には「ユーロコミュニズム」の旗手として注目を集めた。スペイン社会党(スペイン社会労働党)が勝利した82年の総選挙で後退したことからカリリョが辞任、その後、党内不統一が顕著となった。80年代後半からはほかの左派勢力との共同組織である統一左翼で選挙に臨み、NATO(北大西洋条約機構)加盟反対運動などを主導した。90年代には政治勢力としては第3党にあったが、労働運動では強大な影響力が認められる。[深澤安博]
『楠貞義、R・タマメス、戸門一衛、深澤安博著『スペイン現代史――模索と挑戦の120年間』(1999・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスペイン共産党の言及

【イグレシアス】より

…88年には労働者総同盟(本部マドリード)を結成し委員長の座(終身)につくとともに,社会党員として初めて国会議員に選出された(1910)。晩年,社会党が第三インター(コミンテルン)加盟問題で揺れると,加盟反対の立場をとり,賛成のグループは社会党から独立し,1921年スペイン共産党を創立した。【鈴木 昭一】。…

【人民戦線】より

…この新たな情勢の展開を前にして,選挙制度を含む既存の政治諸制度を否定し続けてきたアナーキストも,獄中にいる同志の恩赦と引換えに,選挙に協力した。また,コミンテルン第7回大会における国際共産主義運動の方向転換を背景にして,スペイン共産党は社会党過激派の指導者の助力を得,共和国主義者と社会党穏健派の反対にもかかわらず,人民戦線に参加した。共産党は内戦中に明らかになったように真の目標を,参加諸勢力を利用しつつ,人民戦線を自らの掌中にすることに定めていた。…

【スペイン内乱】より

…1936年7月17日夕方,スペイン領モロッコで勃発し,スペイン全土に拡大して,39年4月1日に終結した内乱,内戦。この結果,スペイン第二共和政は崩壌した。
[多様な内乱像]
 スペイン内乱は世界の耳目を集め,その解釈・論評の内容は非常に多岐にわたった。多様な見解が生じた第1の理由としては,内乱がスペインの歴史全体,とりわけ17世紀後半以降の歴史の中でとらえられていないことがあげられる。第2に,イデオロギーにとらわれた一方的あるいはかたよりのある狭い視野で内乱が語られたためである。…

※「スペイン共産党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スペイン共産党の関連キーワード大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス