コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリベン Sliven/Сливен

デジタル大辞泉の解説

スリベン(Sliven/Сливен)

ブルガリア中東部の都市。バルカン山脈南麓に位置する。古代ローマ時代に街道沿いの市場町として発展。オスマン帝国の支配の下、17世紀から18世紀にかけて手工業や商業で栄え、19世紀には同国初の近代的な繊維産業が始まった。オスマン支配に抵抗したハイドゥクと呼ばれる義賊が活躍したことでも知られる。旧市街には民族復興期の建物が多く残っており、北郊にシニテカムニ国立自然公園がある。また、温泉保養地、ワインの産地として有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スリベンの関連キーワードクリステバカムチヤ川スリベン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android