コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スローフード スローフードslow food

6件 の用語解説(スローフードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スローフード
スローフード
slow food

イタリアで提唱された,環境,健康を害さない多様性に富んだ地域の食物,またそれらを見直そうという運動。1986年,イタリア北西部のピエモンテ州ブラで,ファーストフード fast foodによる食の画一化に対する危機感を背景に,食材選び,調理法,食べ方について本来の自然な姿に立ち戻ろうという運動が起こった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

スローフード

ファストフード(fast food)の健康や情緒に及ぼすマイナス影響、ひいては食文化の荒廃への警鐘として提唱された言葉。食材や調理法、食べ方について、ファスト(速い)は人工的で不自然とし、本来的で自然なスロー(ゆっくり)に立ち戻ろうという運動が、1980年代後半にイタリアピエモンテ州で始まり、環境問題の深刻化やBSEの発生など、食品にまつわる事件とも相まって、世界規模のNPO団体「スローフード協会」となった。各地で安全な食を求める消費者を結び、有機栽培小規模経営の生産者を支持し、その環境をも守ろうとする食のエコロジー活動でもある。2000年にはスローフード・アワードが創設され、02年度の受賞者に佐賀県で古代米(赤米/黒米)を有機栽培する人が選ばれた。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スロー‐フード(slow food)

食生活や食文化を根本から考えていこうという活動。伝統的な食材や料理方法を守り、質のよい食品やそれを提供する小生産者を守り、消費者に味の教育を進めるというもの。1986年ころにイタリアで生まれた運動。
[補説]言葉はファーストフードと対立する概念であるが、食を根本から考え直すという広い意味合いがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スローフード

食べることや食べ物を作ること,楽しみながら食べようという考え方。あるいは,こうしたライフスタイルを意味する。〈味の画一化〉をもたらすファーストフードを批判する意味で〈スロー〉という言葉が使われたが,ファーストフードを単純に否定するのではなく,食文化をいま一度見直そうという意識が底流には流れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スローフード【slow food】

食生活を見直そうとする運動。伝統的な食材や料理の継承、質の良い食材を提供する小生産者の保護などを、消費者によびかける。イタリアで始まった。 〔ファースト-フード(fast food)へのアンチテーゼから〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スローフード
すろーふーど
slow food

スローフードは、標準化、画一化された安価なファーストフードfast foodなどの食べ物とは異なることを意味することばである。単にファーストフードの対極のことばとして紹介されていることもあるが、大きくは「食」と「食文化」についての根源的なところを考える活動を意味する。
 スローフードとは、(1)消えてゆくおそれのある伝統的な食材や料理、質のよい食品、酒類を守る、(2)質のよい素材を提供する小生産者を守る、(3)子供たちを含め、消費者に味の教育を進める、というテーマを掲げ、イタリアのブラBraという地方からスタートしたNPO(民間非営利組織)による活動である。その設立は、1989年にさかのぼる。その年、スローフードインターナショナルは、パリのオペラコミークで世界の15か国から支持された『スローフード宣言』を発表した。2002年現在、その活動は世界の45か国に広まり、「コンビビア」とよばれる560の集まりが組織され、6万5000以上の人たちが参加している。たとえば、イタリアのスローフードでは、隔年に一度、世界各地の食材やワイン、料理、文化的情報を集め、味の発見と確認をしようという食の祭典「Salone del Gusto」を開催している。
 日本では、活動ということばに置き換えなくとも、古くから自然で低カロリーな米食や郷土食、そして地方の特色ある食材や日本酒(清酒)、焼酎(しょうちゅう)があり、日常のなかでスローフードが実践されてきた。しかし一方では、流通や販売の方法により、北海道から沖縄まで同じ食材で同じ味の食事をするといった画一化が進んでいる。そこで、日本のスローフード活動は、伝統的な食材や各地の郷土料理を体験したり、日本酒を酒米から研究し調査するといったことから、小規模生産のよい素材を守っていくことなどの活動を進めている。また、子供たちや消費者に対して味覚の教育を行う「食育」という活動も進めている。現在は「農業や漁業そして醸造といった食の生産の場」から「人の食事」に至る道程がみえなくなり、さらに自分自身の生活スピードの把握も困難になってきている。そのような状況のもとで、スローフードの意味すること、「一度立ち止まって、しっかりと『生活』と『食』を見直すこと」が、未来につながる道をつくると考えられている。[國本桂史]
『日本食生活協会編・刊『食生活指針ガイド』(2001) ▽日本スローフード協会編・刊『スローフード宣言』(2002) ▽中島章夫監、こどもくらぶ編・著『食べもので国際交流――地域でできるこれからの国際交流3』(2002・岩崎書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スローフードの関連情報