コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーグローバル大学 すーぱーぐろーばるだいがく

3件 の用語解説(スーパーグローバル大学の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スーパーグローバル大学

世界レベルの先進的な教育・研究に取り組む日本の大学。2014年4月、国内の大学の国際競争力向上を目的に、同年度より文部科学省が30校を指定することが決定された。全国の国立・公立・私立大学から応募を受け付け、書類とヒアリングの2段階の審査を経て、有識者会議によって30校が選ばれる。うち10校は世界の大学ランキングの上位入りを目指す「トップ型」の大学、20校は国際化を目指す大学のモデルとなる「グローバル化けん引型」の大学に指定される。指定校は1校当たり年間2億~5億円の財政支援を最長で10年間受けることができる。

(2014-4-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

スーパーグローバル大学

「スーバーグローバル大学」とは、日本の国際競争力を強化する目的で、国が世界トップレベルの研究やグローバル人材育成の拠点となる大学30校を指定し、重点的に支援する取り組みのことです。文部科学省の計画によると、スーパーグローバル大学は世界水準の研究を進める「トップ型」と、積極的な国際教育によって海外で通用する人材を育成する「グローバル化けん引型」に分類され、国公私立を問わず、前者10校と後者20校が選ばれる見通しです。
(2013/9/9掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパーグローバル大学
すーぱーぐろーばるだいがく
Top Global University

日本の大学で世界レベルの教育研究を行い、国際競争力に富む教育環境を整備するため、スーパーグローバル大学創成支援制度に基づいて文部科学省によって選定された大学。国際社会で積極的に挑戦し、活躍のできる人材を育(はぐく)む環境づくりが目的で、選定された大学は最大10年間にわたって重点的な財政支援が受けられる。事業対象となる大学には、タイプAのトップ型と、タイプBのグローバル化牽引(けんいん)型がある。前者は、世界大学ランキングで100位以内を目ざす、世界トップレベルの教育研究を行う大学で、支援額は年間最大5億円。後者は、これまでの実績を基に、大学教育の国際化のモデルとして社会のグローバル化を牽引する大学である。年間最大の支援額は、入学定員規模1000人以上で3億円、1000人未満で2億円。
 日本の国公私立大学を対象とした応募のなかから、独立行政法人日本学術振興会が運営するスーパーグローバル大学創成支援プログラム委員会が審査のうえ、文部科学省に採択候補を推薦し、2014年(平成26)9月にトップ型13校、グローバル化牽引型24校が選ばれた。支援対象となった大学の事業は、トップ型では海外の有名大学との共同研究などが主体で、グローバル化牽引型では、新たな留学制度の導入や海外進出している企業との産学連携など、さまざまな視点で国際競争力の強化に挑戦するものが選出された。
 選定校は以下の37校。
 トップ型:北海道大学、東北大学、筑波(つくば)大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、広島大学、九州大学、慶応(けいおう)義塾大学、早稲田(わせだ)大学。
 グローバル化牽引型:千葉大学、東京外国語大学、東京芸術大学、長岡技術科学大学、金沢大学、豊橋(とよはし)技術科学大学、京都工芸繊維大学、奈良先端科学技術大学院大学、岡山大学、熊本大学、国際教養大学、会津(あいづ)大学、国際基督(キリスト)教大学、芝浦(しばうら)工業大学、上智(じょうち)大学、東洋大学、法政大学、明治大学、立教大学、創価(そうか)大学、国際大学、立命館(りつめいかん)大学、関西(かんせい)学院大学、立命館アジア太平洋大学。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーパーグローバル大学の関連キーワードコア・ベネフィット・レベル目標切り組む・切組む・斬り組む・斬組む潜心取っ組む取り組む・取組む取組む高レベル低レベル自由チベット学生運動(SFT=Students for a Free Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパーグローバル大学の関連情報