コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズールー王国 ズールーおうこく

2件 の用語解説(ズールー王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ズールーおうこく【ズールー王国】

19世紀南アフリカ東海岸部に栄えた王国。19世紀初めズールーZulu族の王となったシャカは,軍事組織と武器を改革し,周辺の部族をつぎつぎと統合していった(この時期を〈衝突の時代〉という)。まずムセスワ族,ヌドワンドウェ族を破ってナタール一帯を統合し,1824年にはポート・ナタール(現,ダーバン)のイギリス人入植者と友好関係を結んで鉄砲を入手し,それを使ってさらに王国の版図を広げた。28年異母弟のディンガネDingane(1795ころ‐1840)がシャカを殺して王位に就き,さらに領土の拡大をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズールー王国
ずーるーおうこく

19世紀に南アフリカのナタール地方に興ったズールーZulu人の王国。19世紀初頭、小部族であったズールーの王シャカは、優れた戦闘能力と軍事組織をもち、周辺の諸部族を征服統合して強大な軍事王国を築いた。シャカShakaは1828年弟のディンガネ(在位1828~40)に殺された。ディンガネはナタールのイギリス人と友好関係を結び、移動してきたブーア人のレティーフ一行を38年虐殺したが、後続のA・プレトリウス一行により「血の河の戦い」で大敗し、40年、弟のムパンデによって退位させられた。ムパンデ(在位1840~73)はブーア人と協調し平和な時代が続いた。79年イギリス軍がズールー王国に侵入し、セテワヨ王(在位1873~84)を捕虜にした。イギリス併合後、ズールー王国は13の小部族に分割統治され、それに反対したディヌズールー王(在位1884~1913)はブーア人の援助で86年新共和国を建設したが、共和国はトランスバールに、残りのズールー王国は1897年ナタールに併合された。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のズールー王国の言及

【ズールー族】より

…牛を飼育しながら南方に移動し,10~14世紀に南アフリカに達したといわれる。 ズールー族の住む地域はズールーランドと呼ばれたが,ズールー族は19世紀初めのシャカ王の時代に強力な軍事力によってズールー王国を形成した。1830年代にケープ植民地のボーア人たちがイギリスの支配に反発して北方への大移動(グレート・トレック)を開始した結果,ズールー族と衝突し,1838年の血の河の戦でズールー王国は手痛い敗北を被った。…

※「ズールー王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone