コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズールー王国 ズールーおうこく

2件 の用語解説(ズールー王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ズールーおうこく【ズールー王国】

19世紀南アフリカ東海岸部に栄えた王国。19世紀初めズールーZulu族の王となったシャカは,軍事組織と武器を改革し,周辺の部族をつぎつぎと統合していった(この時期を〈衝突の時代〉という)。まずムセスワ族,ヌドワンドウェ族を破ってナタール一帯を統合し,1824年にはポート・ナタール(現,ダーバン)のイギリス人入植者と友好関係を結んで鉄砲を入手し,それを使ってさらに王国の版図を広げた。28年異母弟のディンガネDingane(1795ころ‐1840)がシャカを殺して王位に就き,さらに領土の拡大をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズールー王国
ずーるーおうこく

19世紀に南アフリカのナタール地方に興ったズールーZulu人の王国。19世紀初頭、小部族であったズールーの王シャカは、優れた戦闘能力と軍事組織をもち、周辺の諸部族を征服統合して強大な軍事王国を築いた。シャカShakaは1828年弟のディンガネ(在位1828~40)に殺された。ディンガネはナタールのイギリス人と友好関係を結び、移動してきたブーア人のレティーフ一行を38年虐殺したが、後続のA・プレトリウス一行により「血の河の戦い」で大敗し、40年、弟のムパンデによって退位させられた。ムパンデ(在位1840~73)はブーア人と協調し平和な時代が続いた。79年イギリス軍がズールー王国に侵入し、セテワヨ王(在位1873~84)を捕虜にした。イギリス併合後、ズールー王国は13の小部族に分割統治され、それに反対したディヌズールー王(在位1884~1913)はブーア人の援助で86年新共和国を建設したが、共和国はトランスバールに、残りのズールー王国は1897年ナタールに併合された。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のズールー王国の言及

【ズールー族】より

…牛を飼育しながら南方に移動し,10~14世紀に南アフリカに達したといわれる。 ズールー族の住む地域はズールーランドと呼ばれたが,ズールー族は19世紀初めのシャカ王の時代に強力な軍事力によってズールー王国を形成した。1830年代にケープ植民地のボーア人たちがイギリスの支配に反発して北方への大移動(グレート・トレック)を開始した結果,ズールー族と衝突し,1838年の血の河の戦でズールー王国は手痛い敗北を被った。…

※「ズールー王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ズールー王国の関連キーワードブリンクアフリカーンス語ボーア人南アフリカ戦争アフリカ菫ホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカのHIV

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone