コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セキショウモ

百科事典マイペディアの解説

セキショウモ

トチカガミ科の多年生水草。北海道〜九州,東南アジアに分布し,湖沼やため池,河川などの泥にはえる。沈水性で,走出枝を伸ばし,先端に新苗をつける。葉は線形,長さは水深により異なり10〜80cm,幅5〜7mm,半透明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セキショウモ【Vallisneria natans (Lour.) Hara】

池や小川の水に沈んではえるトチカガミ科多年草イラスト)。葉はすべて根生する。株もとから白い走出茎が出て泥の中を横にはい,先に新しい株をつくる。葉は線形,扁平で長さ30~70cm,幅4~10mm,縁に不明りょうな鋸歯がある。雌雄異株で8~10月に開花する。雄花は小さく,径が約0.5mmで,葉腋(ようえき)の苞鞘(ほうしよう)の中に多数でき,花柄が切れて水面に浮き上がり,水流に流されて雌花に達し受粉する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セキショウモ
せきしょうも / 石菖藻
[学]Vallisneria natans (Lour.) Hara

トチカガミ科の沈水性多年草。根茎は表面が平滑で、節から葉を叢生(そうせい)する。葉はリボン状で長さ10~80センチメートル、幅5~8ミリメートル、黄緑色で縁(へり)の上方に微鋸歯(きょし)がある。名は、葉がサトイモ科のセキショウに似るのに由来する。雌雄異株。8~10月に開花する。雄花は雄株の基部に数個できる包鞘(ほうしょう)内に多数つき、萼片(がくへん)3枚、雄しべ1本、水面に白色で球状の花粉を出す。雌花は螺旋(らせん)状に巻いた花茎の先の包鞘内に1個つき、水面で開花、受粉後、水中に長さ約2センチメートルの果実をつくる。池沼や小川に生え、日本全土、およびアジアに広く分布する。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セキショウモの関連キーワードコウガイモ水生植物沈水植物草食魚大糸藻水媒花糸藻尾瀬川藻平藻篦藻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android