コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッカ セッカ Cisticola juncidis; zitting cisticola

3件 の用語解説(セッカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セッカ
セッカ
Cisticola juncidis; zitting cisticola

スズメ目セッカ科。全長 12.5cm。背面は黄褐色地に黒斑があり,下面は灰白色。尾は開くと扇状になる。草原,河原,畑,高原などにすみ,繁殖期に雄はなわばりの草むらからときどき「ひっ,ひっ,ひっ」と鳴きながら舞い上がり,上空を旋回し,「じゃっ,じゃっ,じゃっ」と鳴いて舞い降りる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セッカ

ヒタキ科の鳥。翼長5.5cm。冬羽は頭上,背面が褐色で,黒褐色の縦斑がある。腹面は黄褐色。アフリカヨーロッパ南部,インド東南アジアオーストラリアで繁殖。日本では沖縄を含む全国の草原,川原等にすむが,冬季は暖地へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セッカ
せっか / 雪下・雪加
fan-tailed warbler
[学]Cisticola juncidis

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。湿地の草原、高原などにすむ昆虫食の小鳥で、繁殖期の雄は、体のわりに大きな尾を広げて先端の白さを目だたせながら草むらから飛び出し、上昇しながらヒッヒッヒッと鳴き、下降しながらチャッチャッと鳴く独特のディスプレーを行う。全長約12センチメートル。上面は黄褐色で黒い縦斑(じゅうはん)があり、夏羽では黒みが強くなる。地中海沿岸、南アジア、フィリピン、オーストラリア北部に分布し、ほとんど渡りをしない。日本では、本州から八重山(やえやま)列島まで分布しており、雄が5~9月にイネ科植物の葉をクモの糸でまとめて巣をつくる。一夫多妻。卵数は4~7個である。生まれたその年のうちに繁殖する雌がある。鳥類ではほかに例がなく、注目されている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セッカの関連キーワード燕雀類黄鶺鴒初雀紅雀蝦夷潜入大雪加雪加スズメバチの巣すずめやスズメ目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セッカの関連情報