コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルシウス セルシウス Celsius, Anders

6件 の用語解説(セルシウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルシウス
セルシウス
Celsius, Anders

[生]1701.11.27. ウプサラ
[没]1744.4.25. ウプサラ
スウェーデン天文学者。学者一家に生れ,ウプサラ大学教授 (1730~44) 。 1733年に,16~32年にわたるオーロラ観測の結果を発表。地球の形をめぐる論争に決着をつけるため,子午線の弧の長さを測定することを主張し,みずからラップランド探検隊に参加 (1736) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セルシウス(Anders Celsius)

[1701~1744]スウェーデンの物理学者天文学者。ウプサラ天文台長。水の氷点と沸点の間を100分割する温度目盛りを提唱し、セ氏温度のもととなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セルシウス

スウェーデンの天文学者。1730年ウプサラ大学教授。オーロラを長期観測,1736年フランスの子午線測量探検隊に参加。1742年水の氷点を100度,沸点を0度とする温度目盛を創始,摂氏温度のもととなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セルシウス【Anders Celsius】

1701‐44
スウェーデンの天文学者。ウプサラ大学の天文学教授を父として生まれた。天文学と数学と実験物理学を学んだ後,1725年にウプサラ科学協会の書記となった。30年にウプサラ大学の天文学教授となり,32年から36年までプロイセンやフランス,イタリアなどの諸国を訪ねた。パリではP.M.L.deモーペルチュイと知り合い,ニュートン理論の検証を目的として企てられた北極地方での地球子午線測量の遠征に天文学者として参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セルシウス【Anders Celsius】

1701~1744) スウェーデンの天文学者・物理学者。水の沸点を100度、氷点を0度とする摂氏温度を提唱。ウプサラ天文台長。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルシウス
せるしうす
Anders Celsius
(1701―1744)

スウェーデンの天文学者、物理学者。ウプサラで、大学の天文学教授の子として生まれる。数学、実験物理学、天文学を学び、教職につき、1730年には父の後を継いでウプサラ大学天文学教授に就任した。ヨーロッパ各地の天文台を歴訪し、オーロラの観察を続け、地磁気との相関を論じて1733年に発表した。パリでモーペルチュイと知り合い、その指揮する地球子午線測定遠征に参加した(1736)。天文学では、星の明るさの等級を決めることなどに貢献した。もっとも重要な業績は、温度測定の基準の提案(1741年。論文は翌1742年)であって、フランスのクリスティンJean-Pierre Christin(1683―1755)と同時またはそれにやや先だって、氷点と(標準気圧下での)水の沸点との間隔を100分割する温度目盛りを考案し、実用化した。もっとも、当初には氷点を100、沸点を0としていた。のちにリンネその他の人が値を逆転し、それが今日の国際単位系(SI)の組立単位としてのセルシウス度(℃)の起源となった。[高田誠二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセルシウスの言及

【温度】より

…18世紀ころからは,各地の気温を比較する必要などのため,定量的測定の可能な目盛のある温度計が作られるようになり,氷の融点などを温度の定点とする提案がなされた。G.D.ファーレンハイトは1717年ごろに水銀温度計を製作し,水,氷,食塩を混ぜて得られる温度を0度,氷の融点を32度,体温を96度とする華氏温度目盛を考案し,42年にはA.セルシウスが氷の融点を0度,水の沸点を100度とする摂氏温度目盛(セルシウス度)を導入した。以後,温度計と温度目盛の改良は熱学の発展を促すことになった。…

【温度計】より

…ガラス管の中に液体を封入した構造の温度計は,17世紀半ばにイタリアなどで実用化され,ヨーロッパ各地に普及した。18世紀に入ると,G.D.ファーレンハイト,A.セルシウスらによって温度目盛の基準化が進められ,バイメタルを利用した温度計も考案された。19世紀の物理学の進展は,温度の概念に熱力学的および統計力学的な基盤を与えるとともに,電磁気現象や熱放射現象を利用する温度計,すなわち熱電対を利用した熱電温度計,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変わることを利用した抵抗温度計,物体からの放射エネルギーの量を測定する放射温度計,輝度を標準の電球と比較して温度を測る光高温計などの発明をもたらし,また,温度測定の統一的な基準となる熱力学温度の単位の構想や,気体液化による低温の利用,電流の熱作用による高温の発生などを可能にした。…

【セルシウス度】より

…温度の単位の一つ。ケルビンを単位として測った熱力学温度の値がTKであるとき,tTT0(T0=273.15K)で定められる値をその温度のセルシウス温度Celsius temperatureと呼び,セルシウス温度の単位をセルシウス度という。記号は℃。…

※「セルシウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セルシウスの関連キーワードウプサラ大学スウェーデンリレーウプサラ城ウプサラ大聖堂ガムラウプサラスウェーデン門チェルマンクレドナーリンドブラートスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セルシウスの関連情報