コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルトリウス Sertorius, Quintus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルトリウス
Sertorius, Quintus

[生]前123頃.ヌルシア
[没]前72. ヒスパニア
古代ローマの政治家。ヒスパニアの反乱指導者。法学,修辞学を学び,前 105,前 102年2度ガリア人と戦う。前 83年法務官 (プラエトル ) 。 G.マリウスを支持して L.スラに追われヒスパニアからアフリカへ逃れた。ルシタニア人の声望を得て蜂起,前 80~77年ヒスパニアのほぼ全域を支配。地中海の海賊,東方のミトラダテス6世と連絡して,ローマに対抗したが,ローマそのものよりもスラ派に対する反乱を意図し,ヒスパニアにおいてはローマの将軍としてふるまい,反スラ派のローマ人,イタリア人の支持を得た。また常に白い子じかを伴いダイアナ女神の加護あることを示し,人心を得ていたが,前 76年以後ポンペイウス (大ポンペイウス) と戦いを交え,前 74年大敗を喫し,次第に人気を失い,暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルトリウス【Quintus Sertorius】

?‐前72
サビニ族出身のローマの政治家。対キンブリ,テウトニ戦,スペイン住民討伐等で現地通ぶりを発揮した。護民官に立候補したが,スラの妨害を受け,内乱ではマリウス派に参加,しかしその恐怖政治には嫌悪を示した。スラ軍がローマ市に迫った前83年,海外拠点を求めて総督としてスペインに赴任。一時はスラ派の討伐軍のためマウレタニアに追われたが,ここで王族内紛に関与して勢力を得,スペインに帰還した。名将としてのカリスマ性とローマ文化普及策で原住民掌握に成功し,ゲリラ的戦術でスラ派の総督を破ってこの地にマリウス派亡命政権を樹立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルトリウス
せるとりうす
Quintus Sertorius
(前122―前72)

古代ローマ、共和政末期の将軍、政治家。イスパニアを舞台に反ローマ運動を指導した。騎士の家に生まれ、聡明(そうめい)と雄弁で知られる。マリウス派(民衆派)に属し、上イスパニア総督に任命されたが(前83)、スラに追放されてアフリカに逃れ、ルシタニア人に招かれてふたたびイスパニアに上陸した(前81)。原住民の要求を理解し、土着諸部族の支持を得て、追放された民衆派ローマ人とともに、ここに独自の元老院を設け、海賊やポントスのミトリダテスと同盟してローマと対決した。派遣されたローマ軍をゲリラ的戦闘でしばしば破ったが、紀元前74年ごろからメテルス、ポンペイウス指揮下のローマ軍の攻勢で、不利な状況に追い込まれ、前72年に部下によって暗殺された。[土井正興]
『河野与一訳『プルターク英雄伝 セルトリウス』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セルトリウスの関連キーワードミトリダテス(6世)ポンペイウス(大)メテルス・ピウスバルブス(大)ルグドゥヌムキンナ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android