コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレスティーナ セレスティーナLa Celestina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレスティーナ
La Celestina

スペインの戯曲形式の小説。原題は『カリストとメリベアの悲喜劇』 Tragicomedia de Calisto y Melibea。作者はユダヤ人でタラベラの町長フェルナンド・デ・ロハスとされる。セレスティーナは中心人物の名前で,J.ルイスの『よき愛の書』までさかのぼることのできる女性像。欲望に身を焼かれる男女の運命をあやつる誘惑者として,スペイン文学のなかで一類型を作っている。 1499年のブルゴス版が残された最古の版。近代写実主義のさきがけともいうべき作品で,ヨーロッパ文学に大きな影響を与え,スペイン文学では「悪者小説」の発生を促すことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セレスティーナ

戯曲形式で書かれたスペインの小説。《カリストとメリベーアの悲喜劇》が正式の題名。現存する最古の版(1499年)では16幕,1502年以降の版では21幕からなり,第1幕以外は全てユダヤ人の改宗者フェルナンド・デ・ロハスFernando de Rojas〔1465ころ-1541〕の作と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セレスティーナ【La Celestina】

戯曲形式で書かれたスペインの小説。正式の題名を《カリストとメリベーアの悲喜劇La tragicomedia de Calisto y Melibea》という。現存する最古の版(1499,ブルゴス)では16幕,1502年以後の版では21幕からなる。作者については謎に包まれた部分が多いが,現在では全21幕のうち第1幕以外はすべて,ユダヤ人の改宗者フェルナンド・デ・ロハスFernando de Rojas(1465ころ‐1541)の手になるものであることが確実視されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレスティーナ
せれすてぃーな
La Celestina

スペインの小説。正式の題名は『カリストとメリベアの悲喜劇』で、一般には登場人物の名に由来する『ラ・セレスティーナ』で知られている。もっとも古い版(1499)では16幕、その後の版では21幕からなる対話体の小説で、作者は不詳だが、第二幕から第六幕までをフェルナンド・デ・ローハス(?―1541)が書いたのは確かである。青年貴族カリストと豪商の娘メリベアの悲恋が中心で、改宗ユダヤ人の主人公ローハスの厭世(えんせい)観を基調とした冷徹なリアリズムによって、奸知(かんち)にたけた老婆セレスティーナをはじめとする下層階級の人々の性格が活写されている。近代的写実主義の先駆的な作品として、後世に大きな影響を与えた。[桑名一博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のセレスティーナの言及

【スペイン演劇】より

…次に現れるのは,15世紀のゴメス・マンリーケGómez Manrique(1412?‐90)のものである。フェルナンド・デ・ロハス作の《セレスティーナ》(1499版,1502版)は,演劇と小説に大きな影響を残し,16世紀中ごろまでにこれを模倣した作品が数多く現れた。トーレス・ナアロは写実性の強い風俗劇を残しているが,これも《セレスティーナ》に源を発している。…

【スペイン文学】より

…また8音節の詩行からなり偶数行のみが脚韻をふむスペイン独特の詩様式,〈ロマンセ〉が生まれたのもこの時期である。小説の分野では,次の世紀に大流行する騎士道物語や感傷小説が書かれるようになったが,後世に圧倒的影響を及ぼしたのは,フェルナンド・デ・ロハスFernando de Rojas(1465ころ‐1541)作の《セレスティーナ》の名でよく知られる《カリストとメリベーアの悲喜劇》(1499)である。この作品は若い男女の悲劇的恋愛をテーマにしているが,その魅力は人間の心理的洞察の深さにある。…

【悪者小説】より

…こうした社会風刺は別に16世紀のスペインを待つまでもなく,ローマのペトロニウスの《サテュリコン》をはじめとして,いつの世にもありうるものであり,いわゆる〈悪者小説〉的な作品,あるいはその先駆となるものは数多くあろう。とくに,社会の下層階級の人々をリアルに描く伝統のあったスペイン文学には,J.ルイスの《よき愛の書》やフェルナンド・デ・ロハスの《セレスティーナ》といった,直接的な先駆というべき傑作がすでにあった。しかし厳密な意味での〈悪者小説〉は,1554年に出た作者不詳の《ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯》をもってその嚆矢(こうし)とするというのが定説である。…

※「セレスティーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セレスティーナの関連キーワードサラス・バルバディーリョサラス・バルバディリョR.W. マエストゥトレス・ナアロマエストゥ桑名一博

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレスティーナの関連情報