コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントラル・ドグマ セントラル・ドグマ central dogma

翻訳|central dogma

1件 の用語解説(セントラル・ドグマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントラル・ドグマ
セントラル・ドグマ
central dogma

遺伝情報の流れは常に DNAから RNAへ,RNAから蛋白質へと流れ,逆流することはないという原理。 1958年に F.H.C.クリックが提唱した。その後,ある種の RNAウイルスで RNAから DNAを合成することがわかり一部修正を受けたが (→レトロウイルス ) ,基本的には蛋白質から核酸がつくられることはなく,核酸から蛋白質への情報の流れは常に一方向というのが現在の定説である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセントラル・ドグマの言及

【生物学】より

…J.D.ワトソンとF.H.C.クリックのDNA二重らせんモデル(1953)は,遺伝子の本体を明らかにすることにより,生物学再編成の突破口を開いた。1961年に始まった遺伝暗号の解読は数年でほぼ完了し(ニーレンバーグM.W.NirenbergとオチョアS.Ochoa),遺伝情報はDNA→RNA→タンパク質の方向にのみ流れるというセントラル・ドグマ(クリック,1958)が確認され,また遺伝子発現の調節はF.ジャコブとJ.モノのオペロン説で十分説明されるように見えた。一部の分子生物学者は,〈細菌でいえることはゾウでもいえる〉から,生命現象の大筋は解明されたという自信も示した。…

※「セントラル・ドグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セントラル・ドグマの関連キーワードRNAウイルス伝令RNA逆転写酵素セントラルドグマDNAウイルスエピゲノム遺伝子暗号説DNAとRNARNA依存性DNAポリメラーゼDNA複製

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セントラル・ドグマの関連情報