コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントラル・ドグマ central dogma

翻訳|central dogma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントラル・ドグマ
central dogma

遺伝情報の流れは常に DNAから RNAへ,RNAから蛋白質へと流れ,逆流することはないという原理。 1958年に F.H.C.クリックが提唱した。その後,ある種の RNAウイルスで RNAから DNAを合成することがわかり一部修正を受けたが (→レトロウイルス ) ,基本的には蛋白質から核酸がつくられることはなく,核酸から蛋白質への情報の流れは常に一方向というのが現在の定説である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のセントラル・ドグマの言及

【生物学】より

…J.D.ワトソンとF.H.C.クリックのDNA二重らせんモデル(1953)は,遺伝子の本体を明らかにすることにより,生物学再編成の突破口を開いた。1961年に始まった遺伝暗号の解読は数年でほぼ完了し(ニーレンバーグM.W.NirenbergとオチョアS.Ochoa),遺伝情報はDNA→RNA→タンパク質の方向にのみ流れるというセントラル・ドグマ(クリック,1958)が確認され,また遺伝子発現の調節はF.ジャコブとJ.モノのオペロン説で十分説明されるように見えた。一部の分子生物学者は,〈細菌でいえることはゾウでもいえる〉から,生命現象の大筋は解明されたという自信も示した。…

※「セントラル・ドグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セントラル・ドグマの関連キーワードデオキシリボ核酸ポリペプチド逆転写酵素分子生物学中心ドグマ生物物理学獲得形質中心命題中心教義遺伝子生物学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android