コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニンソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センニンソウ
せんにんそう / 仙人草
[学]Clematis terniflora DC.

キンポウゲ科の藤本(とうほん)(つる植物)。葉は対生し、羽状複葉、小葉は鋸歯(きょし)がない。8~9月、大形の円錐(えんすい)花序をつくり、径約3センチメートルの白色花を多数上向きに開く。花弁はなく、4枚の萼片(がくへん)が平開する。果実は痩果(そうか)で、長さ約3センチメートルの長い羽毛状の花柱が残る。生(なま)の葉をもまないでそのまま手首の内側にあて、扁桃腺(へんとうせん)炎の痛みをとる。有毒植物でもある。山野の日当りのよい林縁に普通に生え、北海道から九州に分布する。名の由来は不明。本州、九州の一部には、乾くと植物体が黒変する近縁の別種フジセンニンソウC. fujisanensis Hisauti et Haraがある。センニンソウ属は東アジアを中心として世界中に約300種あり、日本には20種が分布する。つる植物が多いが、直立する木や草もある。キンポウゲ科としては例外的に蜜(みつ)を分泌しない。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

センニンソウの関連キーワードクレマチスクサボタンボタンヅル巻きひげ馬歯欠草牛不食金鳳花馬歯欠牛歯欠葉疿子馬不食歯欠高蓼歯毀牛舌歯草