コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーナ朝 セーナちょうSena

3件 の用語解説(セーナ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーナ朝
セーナちょう
Sena

インド,ベンガル地方で 11世紀後半に興った王朝。祖先はデカンの出身で,ビジャヤ・セーナ王のときパーラ朝の衰退に乗じて北東インドを支配した。孫のラクシュマナ・セーナのとき勢力を拡張して繁栄を誇ったが,12世紀末にイスラム教徒の侵入を受けて,滅亡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セーナちょう【セーナ朝 Sena】

11世紀末~13世紀半ば,インドのベンガル地方を支配した王朝。デカンのカルナータカ地方から移住し西ベンガルに拠っていたセーナ家が,パーラ朝の衰退に乗じて強力となり王朝をうちたてた。この王朝の実質的な創始者は11世紀末に出た第3代のビジャヤセーナである。彼は四周の勢力を討ち,12世紀半ばまでにベンガルのほぼ全域に支配権を確立した。その後の半世紀間,この王朝のベンガル支配は続いたが,第5代のラクシュマナセーナ(在位1178‐1205ころ)の末年にムスリム(イスラム教徒)軍の侵入を受けて弱体化し,東ベンガルに拠った残存勢力も13世紀半ばに滅亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーナ朝
せーなちょう
Sena

12世紀のインド、ベンガルの王朝。11世紀末、パーラ朝滅亡期にブルドワン地区から興起し、3代、100年にわたってベンガルの大部分を領有し、ビハールにも進出して、東部インドの最強の王朝として栄えた。王たちはシバとビシュヌを信奉し、パーラ朝の仏教保護にかわって、ヒンドゥー教を鼓吹し、ベンガルの社会秩序を整えたといわれる。宮廷には詩人が集まり、サンスクリット文学が盛んであった。1199年、第3代ラクシュマナセーナはバクティヤールの率いるムスリム(イスラム教徒)の軍隊に敗れ、ベンガルは征服された。その子たちはベンガル南東部を根拠として抵抗を続けたが、やがて滅ぼされた。[山崎利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone