コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーベック Seebeck, Thomas Johann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーベック
Seebeck, Thomas Johann

[生]1770.4.9. エストニアタリン
[没]1831.12.10. ベルリン
ドイツの物理学者。ベルリン大学,次いでゲッティンゲン大学で医学を修めたが,自然科学に興味をもち,ゲーテの色彩論に触発されて光学研究を手がけた。色による加熱効果の研究,偏光の研究で認められ,ベルリン科学アカデミー会員 (1814) 。 1820年代ベルリン移住後,電磁気の研究を行い,磁気ヒステリシスを発見。 1921年には,2種の金属から成る回路の一方の接合点を加熱すると近くの磁針に影響を与えることを発見,彼は「熱磁気」と呼んだが,のちにこれは熱起電力を生じるゼーベック効果として貴重な発見とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼーベック【Thomas Johan Seebeck】

1770‐1831
ドイツの物理学者。エストニアの商人の家庭に生まれ,ギムナジウム卒業後はベルリンゲッティンゲン大学で医学を学び,1802年にはゲッティンゲン大学から医学博士の学位を受けた。自然科学に興味をもち,最初イェーナで光学の研究を始め,太陽スペクトルの異なる色における熱効果や化学作用を調べた。また圧力を受けたガラス片中での偏光の問題を研究,14年にはベルリン・アカデミー会員に選ばれた。その後ベルリンに移り,磁気現象の研究を行い,アラゴーの減衰法則やヒステリシス現象の初期兆候を見いだした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゼーベック【Thomas Johann Seebeck】

1770~1831) ドイツの物理学者。化学・磁気学・光学を研究。二種の金属が回路をつくっているとき、熱を加えると電流が流れること(ゼーベック効果)を発見。最初に熱電対をつくった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼーベック
ぜーべっく
Thomas Johann Seebeck
(1770―1831)

ドイツの物理学者。エストニアのタリンに生まれる。ゲッティンゲン大学で医学を修めたが、大学に勤めるなどの公職につかず、自然科学を研究し、1818年ベルリン科学アカデミー会員となった。1822年、銅とビスマスなどを線状にして、その両端を接合し、この両端に温度差を与えると両端に電位差が生じる現象(熱電気現象)の発見に関する論文を発表した。この電位差は熱起電力といい、「ゼーベック効果」ともいわれる。また温度1℃当りの熱起電力を熱電能またはゼーベック係数とよぶ。熱起電力は導体あるいは半導体などの物質の種類と温度差のみによって決まり、今日、一般に使われている熱電対(ねつでんつい)はこの起電力を利用している。ゼーベックはこの電気現象を発見したが、彼自身は磁気現象ととらえていた。このほか糖の水溶液中での偏光面の回転の研究などがある。[武澤 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゼーベックの言及

【熱起電力】より

…2種類の異なる金属線を接続して閉回路をつくり,二つの接合点を相異なる温度に保つと,二つの接合点の間に起電力が生じて電流が流れる。この現象をゼーベック効果Seebeck effectといい,このときの起電力を熱起電力と呼ぶ。1821年ドイツのT.J.ゼーベックが銅とビスマスまたはアンチモンについて発見した。…

※「ゼーベック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼーベックの関連キーワードトムソンの熱電対関係式トムソン効果(熱発生)スピンホール効果磁気ヒステリシスペルティエ効果コンスタンタンゼーベック素子Seebeck熱電変換素子電流の熱作用ペルチエ効果直接発電4月9日センサー熱電発電熱電効果熱電素子熱電流電磁気回路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android