ソアン文化(読み)そあんぶんか

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソアン文化」の解説

ソアン文化
そあんぶんか

インド大陸北西部に分布する旧石器文化。インダス川の支流のソアンSoan川流域の調査で明らかにされたのでこの名がある。この文化は、転痕(てんまこん)の著しい大形の剥片(はくへん)石器を主体とする先ソアン文化(ヒマラヤ第二氷期)、片面ないし両面加工の打器、大形剥片石器、石核などからなるソアン前期文化(第二間氷期)、小形化した打器と調整打面をもつ剥片石器などのソアン後期文化(第三間氷期)とに編年されている。一般に、握槌(にぎりつち)を体とする南インドのマドラス文化と対置して考えられているが、近年、系統を異にする打器文化が、中央および南インドで知られてきている。

[片岡 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソアン文化」の解説

ソアン文化
ソアンぶんか
Sohan culture

パキスタン北西部,インダス川支流のソアン川の段丘で発見された旧石器時代の文化。第2間氷期に始る前期ソアン文化と,第3氷期に始る後期ソアン文化があり,後者はさらに2分される。前期ソアン文化は粗雑な剥片石器とチョッパーチョッピング・トゥールが主体の礫器の使用が認められる。後期ソアン文化に入ると礫器は鋭利な小型のものとなり,さらには石核調整を施したものや剥片石刃も認められるようになった。なおこれらの文化に先行する先ソアン文化がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ソアン文化」の解説

ソアンぶんか【ソアン文化】

パキスタン北部,インダス川支流のソアンSoan河谷にみられる旧石器時代の文化。テラHelmut de Terraらによって,カシミール氷河期とこの地の河岸段丘対比が行われ,各段丘面で発見される石器群の研究と併せてこの地域の旧石器時代を考え,区分する基準とされてきた。最上面のTDはヒマラヤ第II氷期に対比され,プレ・ソアン文化と呼ばれる大型粗製の剝片の石器が磨耗して発見されている。第1の段丘はT1で第II間氷期とされ,初期ソアンと称される片面加工で大型の礫器と剝片が主である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android