コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウシチョウ(想思鳥) ソウシチョウred‐billed leiothrix

世界大百科事典 第2版の解説

ソウシチョウ【ソウシチョウ(想思鳥) red‐billed leiothrix】

スズメ目ヒタキ科チメドリ亜科の鳥。中国南部からヒマラヤにかけて分布し,山地の草地や灌木林に生息する。鳴声と姿が美しく,飼いやすいため,中国では籠鳥としてよく飼われ,日本にも古くから輸入された。このため英名ではPeking robin,Japanese nightingaleなどとも呼ぶ。ハワイ諸島にも輸入され,野生化している。全長約16cm,上面は暗緑灰色で,のどから胸にかけてオレンジ色,黒い翼には赤い斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android