コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジロ メジロ

2件 の用語解説(メジロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メジロ
メジロ

(1) Zosterops japonicus; Japanese white-eye スズメ目メジロ科。全長 12cm。羽色は上面黄緑色,下面が黄白色,脇は淡褐色。名が示すように眼のまわりに白色の環がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メジロ
めじろ / 眼白
white-eye

広義には鳥綱スズメ目メジロ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの一種をさす。種としてのメジロZosterops japonicaは全長12センチメートルの小形の鳥で、背面は黄緑色、のどは黄色、腹面は白くわきが褐色をしている。目を取り巻く白いリングが目だつ。日本からフィリピンに至る島々に分布している。日本ではほぼ全土にみられ、周辺の島々にもいる留鳥。小笠原(おがさわら)諸島のものは、伊豆諸島のものと硫黄(いおう)島のものが人間により導入され、それが逃げ出して増えたものである。広葉樹林や混合林にすんでいるが、とくに常緑広葉樹林に多い。また日本では、南西部周辺の島々の林に高密度にすんでいる。樹木の小枝や葉の間を活発に行動し小さい昆虫をとって食べるが、嘴(くちばし)は細くとがり、舌の先がブラシ状になっていて、果実の果汁や花蜜(かみつ)を吸い取るのに適している。サクラやウメの花盛りにはたいていきているし、ツバキの花蜜に好んで集まる。冬は小群で騒がしく鳴き交わしながら過ごしており、シジュウカラ科の鳥との混群の中にも入っている。メジロの群れのなかには順位制が知られている。繁殖期にはつがいになり、強い縄張り性を示して、雄は急ピッチのさえずりを盛んにする。巣は樹木の小枝の間にクモの糸でつるすようにつくる。古来よく知られた飼い鳥で、すり餌(え)で飼う。雄のさえずりをめでて、飼っているメジロの鳴き合わせの競技が行われている。
 メジロ科Zosteropidaeはサハラ砂漠以南のアフリカ、インド、東南アジア、南太平洋の島々を経てニュージーランドからオーストラリアにかけて分布しており、北は中国東北部まで至る。85種ほど知られているが、すべて7~14センチメートルの小さい鳥で、いずれも舌の先がブラシ状になっており、果汁や花蜜食に適している。比較的多様化が少なく、どれもよく似ているが、島々によって多くの亜種、種に分かれている。[中村登流]

民俗

野生のメジロをとり、籠(かご)に入れて飼育する風習が、関東地方周辺から沖縄県にかけての農村にあった。鳴き声を競う鳴き合わせも行われ、鹿児島県ではハナシ(花吸)とよばれ、品評会を開いた土地もあり、その評価によって売買されたりした。捕獲にはおとり籠を用い、おとりを貸し借りする習慣もあった。籠はすべて自製で、竹を削ってつくる。目白も目白押しも俳諧(はいかい)の秋の季語。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジロの関連キーワードクオート月一No.11坪1区

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メジロの関連情報