コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソチ Sochi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソチ
Sochi

ロシア南西部,北カフカスクラスノダール地方の都市。大カフカス山脈西部南西麓,黒海に面する港湾・保養都市。1961年,北はトゥアプセ近くのマグリから,南はジョージア(グルジア)との国境まで,黒海沿いに約 150kmにわたって延びる地帯が大ソチとして設置され,ソチというと,この大ソチをさす。冬は背後の山脈で寒風がさえぎられ,夏は海陸風の作用で比較的しのぎやすいことから,ロシアで有数の保養地帯となった。1891~92年,ノボロシースクとジョージアのスフミを結ぶ黒海沿岸道路が建設されたのち,1896年要塞跡に,大ソチの中心,旧ソチの町がつくられた。その後,別荘やサナトリウムが次々にでき,1925年トゥアプセ-ソチ間の鉄道が完成,また 1933年からソチ・マツェスタ再建計画が実施され,以降急速に発展した。大ソチには百数十のサナトリウム,「休息の家」があり,年間 200万をこす保養客が訪れている。ロシア当局はこの地域の保養客収容能力をさらに増大することを計画し,旧ソチ以外にアドレル,ホスタ,シャヘ,ラザレフスコエなどの開発を進めている。旧ソチ南東のマツェスタやママイカには鉱泉があり,早くから開発され,療養所がある。亜熱帯性の樹木も多く,チャ(茶),ミカン,草花,野菜などの栽培が盛んで,加工工場が立地。マツェスタからアフン山 (663m) までケーブルカーが通じ,展望のよいのが評判である。東部地域はカフカス自然保護区に属する。ソチ港は黒海沿岸の主要港の一つであり,沿岸諸港と連絡,また南端部のアドレルには空港もあって,ロシア各地と結ばれている。人口 34万3285(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ソチ

ロシア連邦の西南部、クラスノダール地方の黒海北東岸に面する都市。人口約40万人。
気候は温暖で、山岳リゾートと黒海沿岸リゾートのどちらにも近く、観光客が通年集まるロシア有数の保養都市である。硫化水素温泉と泥浴療養地があり、温泉保養地としても栄えてきた。
歴史的には激しい争奪戦の舞台となった時代もあるが、ソビエト連邦時代のスターリン政権下でリゾート地として整備が進み、プーチン政権下でさらなる投資が行われた。2006年5月には、ロシア-EU(欧州連合)サミットが開催されるなど、政治・外交の舞台としても発展している。
14年オリンピック冬季大会開催候補地として韓国の平昌、オーストリアのザルツブルクとともに最終選考に残り、現地時間の07年7月4日、グアテマラで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で開催地に決定した。ロシアでの冬季五輪開催は初めて。招致活動には、テニスのマリア・シャラポワやフィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコら、ロシア出身の有名スポーツ選手が親善大使を務めた。
ロシア政府は冬季五輪招致に向けて積極的な支援を行い、ソチを世界的レベルのリゾート地として発展させる「連邦特別計画」を採択した。計画では、競技施設だけでなく、環境、光熱・水供給、交通、通信などのインフラを充実し、旅行者にも住人にも快適な都市となることが目指されている。
オリンピック会場は、スケート競技場やセントラルスタジアムなどが建設されるオリンピックパークとなるコースタルクラスター(沿岸域会場)と、スキー、スノーボード、フリースタイル、スライディングの各競技が行われるマウンテンクラスター(山岳部会場)からなる。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ソチ

ロシア南部クラスノダール地方にある黒海沿岸の都市。人口約40万人。モスクワから飛行機で約2時間。温暖な気候と変化に富んだ自然に恵まれ、鉱泉もわくことから、保養地として栄えてきた。旧ソ連時代から政府要人が多く滞在。プーチン大統領もお気に入りで、専用の別邸をしばしば訪れる。首脳会談などの舞台にもなる。

(2007-10-06 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソチ

ロシア南部の都市。市域は黒海の東岸140kmにわたり,気候温暖(年平均気温13℃)で硫化水素泉があり,ロシアの代表的保養地。1838年建設。サナトリウムも多く,夏季の海水浴場としても有名。
→関連項目黒海ソチオリンピック(2014年)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソチ【Sochi】

ロシア連邦南部,北カフカスの西部にあるクラスノダル地方の都市で黒海に臨む。人口35万2000(1993)。1838年に小集落が設けられ,クリミア戦争ではロシア軍の駐屯地となった。年平均気温13℃という温暖な気候で,ロシア随一の保養地として知られ外国人保養客も多い。多数のサナトリウム,保養所,療養施設,研究所がある。特に市内のマツェスタMatsesta地区は硫化水素,塩化ナトリウムを含む鉱泉を利用した療法で名高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ソチ【Sochi】

ロシア連邦、黒海北東岸に面する保養都市。カフカス山脈の西端に位置し、海水浴場として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ソチの関連キーワード2014オリンピック冬季大会(ソチ)ソチオリンピック(2014年)パラリンピックでの日本勢の活躍浅田真央とトリプルアクセルイソチオシアン酸アリルクラースナヤポリャーナロシアのドーピング問題アスリートへの育児支援アデリナ・ソトニコワスロープスタイルソチ五輪の出場権スマイルジャパンコシノ ジュンコ中京大中京高校カフカス山脈ハーフパイプフェルスマンイ ジョンス西カフカス伊藤亜由子

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソチの関連情報