ソックス(読み)そっくす(英語表記)socks

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソックス」の解説

ソックス
そっくす
socks

靴下。織物、編物にかかわらず、くるぶしから膝丈(ひざたけ)までのものをいい、今日では、それより丈の長いストッキングとは区別されている。語源はラテン語で、古代ローマ時代の下形の覆いであるソクスsoccusで、古代からホーズhose(長靴下)の足部を補うため着用された。もとは男子用であったが、16世紀以後女子にも用いられるようになり、今日では男女ともに広く着用されている。古代ギリシア・ローマの喜劇役者の軽い靴もソックスといい、中世には、かかとの低い軽い靴やサンダルを意味することが多く、布製やなめし革製のものがみられる。なお、靴の敷革(しきがわ)のこともいう。

[田中俊子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ソックス」の解説

ソックス

くるぶしより少し上までの短い靴下。ひざ下までの長さのものはハイソックスと呼ぶ。木綿,化合繊,毛糸などで作られ,はき口にゴムを織り込んだものが多い。おもに防寒用,スポーツ用として用いられる。
→関連項目靴下

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソックス」の解説

ソックス
socks

足のくるぶしないし膝丈までおおう短い靴下の総称古くはローシューズ,スリッパ,古代ギリシア,ローマの喜劇役者用の軽い靴を意味した。ときに靴の底革をさすこともある。

ソックス

硫黄酸化物 SOxの総称。大気汚染物質としての硫黄酸化物をさすときに使われる用語。おもに二酸化硫黄 (亜硫酸ガス。 SO2 ) と三酸化硫黄 ( SO3 ) をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ソックス」の解説

ソックス

〘名〙 (socks, sox) くるぶしの上くらいの長さの短いくつ下。半くつ下。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉触手「足も、白いソックスをはいただけだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android