コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフト・ロー ソフトローsoft law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフト・ロー
ソフトロー
soft law

非拘束的合意,事実上の合意,行動指針法,即席習慣法ともいう。国連総会決議,国際裁判所の判決など,条約や国際慣習法のように形式的法源とはいえないまでも国家間合意の存在する証拠となるものであり,一般的法的拘束力はないが形式的法源への生成の可能性を秘めているもの。形式的法源の形成に困難が伴うことの多い今日,それに代る存在として発展途上国を中心にその法的拘束力を積極的に認めようとする動きもみられる。しかし一方で,このような流動性の強い存在を法源として受入れることに対しては批判も根強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ソフト・ロー

主として国際法上の概念で,拘束力が緩やかな法,ないし実質的に何らかの法的拘束力のうかがえる非法的規範のこと。生成中の国際法ともいえる。典型的には〈努力義務〉規定や〈紳士協定〉など。
→関連項目国際法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ソフト・ローの関連キーワードブラウン・サーブ・ロールアフリカ開発基金アフリカ開発銀行ハードロー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソフト・ローの関連情報