コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフト・ロー ソフトローsoft law

2件 の用語解説(ソフト・ローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフト・ロー
ソフトロー
soft law

非拘束的合意,事実上の合意,行動指針法,即席習慣法ともいう。国連総会決議,国際裁判所の判決など,条約や国際慣習法のように形式的法源とはいえないまでも国家間合意の存在する証拠となるものであり,一般的法的拘束力はないが形式的法源への生成の可能性を秘めているもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ソフト・ロー

主として国際法上の概念で,拘束力が緩やかな法,ないし実質的に何らかの法的拘束力のうかがえる非法的規範のこと。生成中の国際法ともいえる。典型的には〈努力義務〉規定や〈紳士協定〉など。
→関連項目国際法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソフト・ローの関連情報