ソーヌ川(読み)ソーヌがわ(英語表記)Saône

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーヌ川
ソーヌがわ
Saône

フランス東部を南に流れるローヌ川の支流。全長 480km。ボージュ県南西部に発し,ボージュ山地ラングル高地間を南西流。オートソーヌ県南部からは肥沃な地溝帯を形成。オニョン川,ドゥー川を左岸に合流し,ソーヌエロアール県シャロンシュルソーヌにいたる付近で谷は最も広くなり,豊かな農業地帯を形成。ここからはマコネー山脈東麓をほぼ南下し,リヨンローヌ川に合流。ソーヌ川はオートソーヌ県北部まで約 375kmが航行可能。モーゼル,ムーズ,ロアール,セーヌの各水系とも運河で結ばれ,物資輸送が非常に盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーヌ川
そーぬがわ
la Sane

フランス東部の川で、ローヌ川の支流。全長480キロメートル、流域面積約3万平方キロメートル。ボージュ山地南部の標高396メートルの地点に発し、パリ盆地の南東縁を画するラングル高地およびコート・ドール山地と、ジュラ山脈との間に挟まれた広い谷底平野を南西流する。シャロンの上流左岸でドゥー川を受け入れ、マコンからぶどう酒産地として有名なボージョレー山地を右岸にみて、リヨンでローヌ川に合流する。合流点での年平均流量は毎秒400立方メートルを超えて比較的多く、その季節的な変化も規則的で、傾斜も緩やかである。そのため水運には有利で、ドゥー川を経てライン川と、中央運河によってロアール川と、ブルゴーニュ運河によってセーヌ川やマルヌ川とそれぞれ通じ、フランス東部における水運の大動脈となっている。ローヌ川のピエール・ベニット・ダムの建設により水位が上昇し、ローヌ―ソーヌ間の水運条件が改善された。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android