ソール(英語表記)Sorre, Maximillien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソール
Sorre, Maximillien

[生]1880. フランス,レンヌ
[没]1962
フランスの地理学者。最初植物学の教育を受け,中学校で生物学を教えた。野外観測をしていくなかで人文地理学に関心を向け,ビダール・ド・ラ・ブラーシュの門下生になった。ピレネー山脈地中海地域の研究を主にしていたが,1940年ソルボンヌの教授となり,ドイツ軍占領下および戦後の最も困難な時期のフランス地理学派の指導者であった。フランス学派の生活様式概念に生物学的および技術論的基礎づけを与えるとともに,隣接諸科学,特に社会学と地理学との交流を主張した。晩年主著としては『人文地理学の基礎』 Les Fondements de la géographie humaine (3巻,1948~53) ,『大地の上の人間』L'Homme sur la terre (61) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソール(sole)

足・靴などの底。「ラバーソール
ゴルフで、クラブヘッドのにあたる部分。

ソール(soul)

ソウル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ソール

〘名〙 (sole) 足、靴型、靴の底部。靴の場合は中底と本底をさす。「ラバーソール」 〔万国新語大辞典(1935)〕

ソール

〘名〙 ⇒ソウル

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソール【Maximilien Sorre】

1880‐1962
フランスの人文地理学者。P.ビダル・ド・ラ・ブラーシュ高弟。《地理学年報》の編集者の一人であった。はじめ植物学を学んだが,地理学を専攻するようになり,《地中海ピレネー》(1913)で学位を取得,A.ドマンジョンらの歴史的方法と対比される独自の生物学的方法を提示,以後その拡充・完成に努めた。第1次大戦から復員後,リールモンペリエ,ソルボンヌの各大学教授を歴任。のち教育行政にも携わる一方,《メキシコ》(1928),《地中海》(1934)などで,人文・社会科学分野にも視野を広げ,《世界地誌》双書の完成に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android