コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソール ソール Sorre, Maximillien

7件 の用語解説(ソールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソール
ソール
Sorre, Maximillien

[生]1880. フランスレンヌ
[没]1962
フランスの地理学者。最初植物学の教育を受け,中学校で生物学を教えた。野外観測をしていくなかで人文地理学に関心を向け,ビダール・ド・ラ・ブラーシュの門下生になった。ピレネー山脈地中海地域の研究を主にしていたが,1940年ソルボンヌの教授となり,ドイツ軍占領下および戦後の最も困難な時期のフランス地理学派の指導者であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソール(sole)

足・靴などの底。「ラバーソール
ゴルフで、クラブヘッドの底にあたる部分。

ソール(soul)

ソウル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソール【Maximilien Sorre】

1880‐1962
フランスの人文地理学者。P.ビダル・ド・ラ・ブラーシュの高弟。《地理学年報》の編集者の一人であった。はじめ植物学を学んだが,地理学を専攻するようになり,《地中海ピレネー》(1913)で学位を取得,A.ドマンジョンらの歴史的方法と対比される独自の生物学的方法を提示,以後その拡充・完成に努めた。第1次大戦から復員後,リールモンペリエ,ソルボンヌの各大学教授を歴任。のち教育行政にも携わる一方,《メキシコ》(1928),《地中海》(1934)などで,人文・社会科学分野にも視野を広げ,《世界地誌》双書の完成に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソール【sole】

靴・ゴルフ-クラブなどの底の部分。 「ラバー--」

ソール【SOR】

〖synchrotron orbital radiation〗
シンクロトロン軌道放射。磁場中で光速度に近い速さで円運動する荷電粒子が電磁波を放射すること。また、その電磁波。SR とも。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソール
そーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソールの関連キーワードドマンジョンピエロンフェーブルマルトンヌ人文地理学会谷岡武雄ビダル・ド・ラ・ブラーシュブリューヌ《人文地理学》《人文地理学の目的》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソールの関連情報