コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイミンタチバナ(大明橘) タイミンタチバナRapanaea neriifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイミンタチバナ(大明橘)
タイミンタチバナ
Rapanaea neriifolia

ヤブコウジ科の常緑小高木で,アジア東部に分布する。房総半島と東海以西の暖地の林内に普通に生える。葉は互生し,長さ5~15cmの倒披針形または線状長楕円形で,質厚く光沢があり,全縁で毛はない。雌雄異株。4月頃,葉腋に多数の花が固まって開く。花冠3~4mmで5裂し,紫がかった白色で暗紫色斑点がある。果実は球形で径5~7mmあり,晩秋の頃には紫黒色に熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイミンタチバナ(大明橘)の関連キーワードヤブコウジ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android