タカベ(鰖)(読み)タカベ(英語表記)Labracoglossa argentiventris

世界大百科事典 第2版の解説

タカベ【タカベ(鰖) Labracoglossa argentiventris】

スズキ目タカベ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南に分布しているが,伊豆七島などでは漁獲量も多く,水産上重要な種の一つ。伊豆半島シャカ,高知県柏島でベント,鹿児島県でホタと呼ぶ。鮮やかな青緑色の体に,眼の後方から尾びれに走る鮮やかな黄色縦帯のある美しい魚である。全長25cmに達する。潮通しのよい,やや深い岩礁域の中層大群をなして群れている。おもに浮遊性の甲殻類などの動物プランクトンを食べている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android