コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカベ(鰖) タカベ Labracoglossa argentiventris

1件 の用語解説(タカベ(鰖)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカベ【タカベ(鰖) Labracoglossa argentiventris】

スズキ目タカベ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南に分布しているが,伊豆七島などでは漁獲量も多く,水産上重要な種の一つ。伊豆半島シャカ,高知県柏島でベント鹿児島県でホタと呼ぶ。鮮やかな青緑色の体に,眼の後方から尾びれに走る鮮やかな黄色縦帯のある美しい魚である。全長25cmに達する。潮通しのよい,やや深い岩礁域の中層に大群をなして群れている。おもに浮遊性の甲殻類などの動物プランクトンを食べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タカベ(鰖)の関連キーワードナガヅカマダイイシモチアオギスアサヒダイオオニベキグチゴウシュウマダイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone