コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカベ(鰖) タカベLabracoglossa argentiventris

1件 の用語解説(タカベ(鰖)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカベ【タカベ(鰖) Labracoglossa argentiventris】

スズキ目タカベ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南に分布しているが,伊豆七島などでは漁獲量も多く,水産上重要な種の一つ。伊豆半島シャカ,高知県柏島でベント鹿児島県でホタと呼ぶ。鮮やかな青緑色の体に,眼の後方から尾びれに走る鮮やかな黄色縦帯のある美しい魚である。全長25cmに達する。潮通しのよい,やや深い岩礁域の中層に大群をなして群れている。おもに浮遊性の甲殻類などの動物プランクトンを食べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone