タック(英語表記)TAC; The Architects' Collaborative

  • tuck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

W.グロピウスが,1946年にアメリカの若い建築家とともに設立した共同建築設計事務所。建築作品を,個性を生かした建築家の共同設計を通じて生み出すという,彼の思想を具体化した組織。住宅建築にすぐれた作品を残したほか,代表作にはハーバード大学院センター (1949~50) ,アテネのアメリカ大使館 (61) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「タック株式会社」。英文社名「TAC C.」。製造業。昭和20年(1945)創業。同38年(1963)「竹内木材株式会社」設立。平成5年(1993)現在の社名に変更。本社は名古屋市中区正木。建築資材メーカー。タック・ハイテクウッドグループの中核企業。関連会社を通じて住宅資材・機器、家具資材の製造・販売を行う。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

洋裁で、装飾または身体に合わせるために、布地をつまんで折ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洋裁用語では、折り込み、揚げ、つまみ、縫いひだなどを意味する。布の表面を装飾する、丈や幅を縮める、運動量をとる、体に沿わせるなどのために、平面的な布の一部をつまんで、装飾的に立体化する技法の一つ。布端から布端まで縫うもの、途中で縫い離すもの、つまんで縫い留めるものなどがある。タックを数本とる場合には、あらかじめ布の必要量に(タック幅×2+1mm)×本数を加えて粗裁ちし、縫い終わってから裁ち直しをして縫製する。ブラウスの胸元、婦人服・子供服のワンピースに使われることが多い。[岡田浩海]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (tuck) 布地をつまんで縫ったひだ。つまみ縫い。縫いひだ。
洋裁と修飾(1936)〈星名久〉「スカートの方はヒップラインの少し下でタックを取って短かく致します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タックの関連情報