コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タネツケバナ(種漬花) タネツケバナCardamine flexuosa; bitter cress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タネツケバナ(種漬花)
タネツケバナ
Cardamine flexuosa; bitter cress

アブラナ科の二年草。アジア東部,ヒマラヤヨーロッパ北アメリカ温帯から暖帯に広く分布する。水辺の湿地や田のあぜなどに普通にみられる。茎は直立し,基部から分枝する。下部は通常暗紫色を帯びて短毛を生じる。葉は羽状に分裂し,頂小葉が最大。春早く,枝先に総状花序をなして白色で小型の十字形花をつける。果実は長角果で無毛,中に数個の種子を含む。和名は花の咲く時期が,ちょうど米の種籾を水に浸す頃であることによるという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タネツケバナ(種漬花)の関連キーワードアブラナ科

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android