ラシード・ウッディーン(英語表記)Rashīd al-Dīn Faḍl Allāh Ḥamadānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシード・ウッディーン
Rashīd al-Dīn Faḍl Allāh Ḥamadānī

[生]1247. ハマダーン
[没]1318
13~14世紀のイランの政治家,歴史家。ユダヤ系と伝えられる。最初イル・ハン国のアバカ・ハン (阿八哈汗) に医師として仕え,ガーザーン・ハン (合賛汗) の治世には宰相として,彼の改革政治の遂行に大きな役割を果した。ガーザーン,ウルジャーイトゥー 2代の治下に一族を要職につけて絶大なる権勢を誇り,タブリーズ郊外に建てたラシード区 Rub`-i Rashīdīに多数の学者,文人を集めて,学術,文化の保護,育成に努めた。しかしアブー・サイード (不賽因) 治下の 1317年,政敵アリー・シャーのために失脚させられ,18年息子とともに処刑された。彼みずから著わした『集史』 Jāmi` al-Tawārīkh (1310/1) は,その地位を利して書かれた3巻から成る世界史。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android