コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムシバ

百科事典マイペディアの解説

タムシバ

コブシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タムシバ
たむしば
[学]Magnolia salicifolia (Sieb. et Zucc.) Maxim.

モクレン科の落葉低木または小高木。ほかの木々が冬枯れしたままのころ、葉の展開に先だって開花し、早春の山を真っ白に埋め尽くし、春の農作業の目安とされる。コブシによく似ているため、タムシバの分布域(関東地方を除く本州、四国および九州)でも、コブシと通称される場合が多い。しかしタムシバは、花弁が純白色で基部は黄緑色のことが多く、萼片(がくへん)は花弁の2分の1ほどの長さで、主幹がまっすぐであるなどの特徴があり、コブシと区別できる。また葉は卵状披針(ひしん)形で長さ7~15センチメートル、先はとがり、裏面が粉白色を帯びるなどの点でも、コブシとは違う。おもに山腹から尾根に自生し、平坦(へいたん)地や沢筋に多いコブシとは生育地を異にする。植物体にクスノキ科のクロモジに似た強い香りがあることから、ニオイコブシともいう。つぼみは漢方の辛夷(しんい)の代用となる。[植田邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタムシバの言及

【コブシ】より

…葉は倒卵形,長さ5~20cmで,しわ質。近縁のタムシバM.salicifolia (Sieb.et Zucc.) Maxim.(イラスト)はよく混同されるが,萼は花弁の1/2の長さで,花は純白,枝はまっすぐに斜上すること等からコブシと容易に区別できる。 北海道,本州,九州,韓国済州島に分布し,四国には分布しない。…

※「タムシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タムシバの関連キーワード砂糖柴クマ噛柴辛夷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android