コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラヨウ(多羅葉) タラヨウIlex latifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラヨウ(多羅葉)
タラヨウ
Ilex latifolia

モチノキ科の常緑高木で,モンツキシバともいう。西日本の暖地の山地に生えるが,庭木としてもよく栽植される。高さ約 8m,大型の楕円形で鋭い鋸歯をもつ葉が互生する。葉の表面は濃緑色,裏面は明るい黄緑色で枝先などでこするとその部位が黒褐色に変色する。春から初夏にかけて,葉腋に集散花序をなして黄緑色の花を多数つける。雄花両性花があり,雄花は4本のおしべをもち,両性花は短い4本のおしべと1本のめしべをもつ。果実は球形の核果で多数が集ってつき,赤く熟する。葉面を火であぶると黒くなり,また傷つけると黒い傷痕ができるので字が書ける。この性質から,葉に傷をつけて経文を書くバイタラジュの葉にたとえたのが和名で,モンツキシバも同義である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android