タラヨウ

百科事典マイペディアの解説

タラヨウ

モチノキ科の常緑高木。東海地方〜九州の暖地にはえ,広く庭にも植栽される。葉は大型で厚く革質,縁には鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。5月ごろ,黄緑色4弁の花を葉腋に多数密に開く。果実は球形で,秋には赤熟。多羅葉の名は,傷つけると黒くなる葉を,経文を書いたというヤシ科貝多羅樹の葉(貝多羅葉)になぞらえたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラヨウ
たらよう / 多羅葉
[学]Ilex latifolia Thunb.

モチノキ科の常緑高木。高さ20メートルに達し、幹は灰白色。葉は厚く、長楕円(ちょうだえん)形、長さ12~20センチメートル、低い鋸歯(きょし)がある。花は4~5月、葉腋(ようえき)から出た柄の短い集散花序につき、淡黄緑色。果実は球形の核果で径約8ミリメートル、赤く熟す。静岡県以西の本州から九州、および中国に分布し、山地に生える。先のとがったもので葉の下面に傷をつけると黒変して字が書けるので、経文を書くインドの多羅葉(たらよう)に例えたためこの名がある。材は器具材とし、樹皮からとりもちをとる。葉を茶の代用とすることもある。寺院や庭に普通に栽培される。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタラヨウの言及

【モチノキ】より

…春・夏に樹皮をはぎとって水につけて腐らせ,それを臼で搗(つ)いてゴム状の黐をとる。モチノキ属Ilex(英名holly)のほとんどの種にこの成分があるが,モチノキのものを本黐(ほんもち)といい,タラヨウ,イヌツゲの青黐(あおもち)から区別する。和歌山,三重,奈良3県が主産地である。…

※「タラヨウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる