コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンガ タンガ Tanga

翻訳|Tanga

6件 の用語解説(タンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンガ
タンガ
Tanga

タンザニア北東部,インド洋にのぞむ港湾都市タンガ州の州都。 14世紀にペルシア人の商人が建設,奴隷・象牙貿易の内陸への基地となった。 1890年代にドイツ人が進出。港内の島には 14世紀のペルシア風遺跡がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タンガ(Tanga)

タンザニア北東部、インド洋岸の港湾都市。ペンバ島に面する。内陸部のアルーシャと鉄道で結ばれ、サイザル麻コーヒー、茶、綿花などの積出港になっている。古くからアラブ人の交易拠点の一つとして栄えた。

タンガ(tanga)

布の幅が狭く、両脇がひも状になっている女性用ショーツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タンガ

タンザニア北東部,インド洋岸の港湾都市。ケニアとの国境に近く,ペンバ島と対する。キリマンジャロ山麓のアルーシャへの鉄道の起点。東アフリカ第一のサイザル麻輸出港で,コプラ,コーヒー,茶,木材なども輸出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タンガ【Tanga】

東アフリカ,タンザニア東部の港湾都市。人口18万7000(1988)。ダル・エス・サラームの北200kmのインド洋岸にあり,ペンバ島に面している。ケニアとの国境に近い。ダル・エス・サラームおよびキリマンジャロ山麓の都市モシと鉄道で結ばれている。商工業が発達し,サイザル麻,茶,コーヒーなどを輸出し,麻糸,衣料品,合板,トタンなどを生産する。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンガ
たんが
Tanga

東アフリカ、タンザニア北東部の港湾都市。タンガ州の州都。インド洋に臨み、ペンバ島に対する。人口19万8300(2002推計)。内陸部のアルーシャへの鉄道の起点で、サイザル麻の栽培地域を背後に控え、その積出し港となっている。沿岸部の他の都市と同じく、アラブ人の交易で栄えた歴史をもつ。17世紀には存在していたとみられ、19世紀中ごろにはザンジバル王国の治下にあり、人口4000~5000人で、内陸との象牙(ぞうげ)交易の拠点であった。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンガの関連キーワードEACウケレウェ島キエタザンジバルタンガニーカタンザニアディレダワ東アフリカ共同体アザニアフロントルーテル教会ミニタウン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンガの関連情報