タンパク尿

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンパク尿
たんぱくにょう

尿中に血漿(けっしょう)タンパク質が、ある一定量以上排出される状態をいう。腎臓(じんぞう)の糸球体では分子量が1万以下の物質は比較的容易に通過するが、分子量が数万以上の血漿タンパク質などはきわめて微量しか通さない(健康人で1日平均40~80ミリグラム)。したがって、鋭敏な化学反応や試験紙でも陽性を示さない。しかし、激しい運動後や精神的ストレスがあったり、立位など一定の姿勢をとったり、発熱時などには陽性反応を示すことがある。これは腎臓内の血行変化によって尿中のタンパク質量が増加するもので、生理的タンパク尿とよばれる。
 一方、腎炎やネフローゼなど多くの腎臓疾患によって糸球体の透過性が亢進(こうしん)し、タンパク尿がみられるため、尿検査の対象となる。分子量の大きいグロブリン量が多いほど、糸球体の障害が強いことを示す。また、血漿タンパク質の関与する血漿の示す浸透圧は膠質(こうしつ)浸透圧とよばれ、血液と組織液間の液体量のバランスを保つ働きをもつが、その主体はアルブミンで、血漿タンパク質の尿中への喪失によってその濃度が低下すると、膠質浸透圧が低下して血管内に水分を保持することができず、血管外に移行して浮腫(ふしゅ)(むくみ)の成因となる。[加藤暎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android